検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

360 度動画や VR 動画で空間音声を使用する

YouTube 空間音声では、現実の世界と同じように、動画内の音声があらゆる方向から聞こえてきます。この機能を使用することで、全方位動画(360 度動画やバーチャル リアリティ動画)をさらにレベルアップして、コンテンツの中に入り込んだような体験を視聴者に提供できます。
空間音声は、360 度動画とバーチャル リアリティ(VR)動画でのみ利用できます。

YouTube で 360 度全方位動画バーチャル リアリティ動画をアップロードする方法をご覧ください。

空間音声を再生するには

  • Chrome、Firefox、Opera、Edge のパソコン向けブラウザを使用すると、ヘッドフォン(推奨)またはスピーカーで空間音声を聴くことができます。
  • Safari のパソコン向けブラウザを使用すると、空間音声の代わりにステレオ音声が再生されます。

空間音声を使用した動画のアップロード要件

サポートされるレイアウトや配列の詳細な説明については、YouTube の空間音声仕様をご覧ください。空間音声を使用するには、少なくとも以下の要件を満たしている必要があります。

  • アップロードするコンテンツは YouTube の仕様に準拠している必要があります。それには次の要素が含まれます。
    • 1 次アンビソニック(FOA)音声チャンネル レイアウト
    • ACN チャンネル配列
    • SN3D 正規化
    • FOA の W、Y、Z、X の各コンポーネントには、それぞれチャンネル マップ インデックス 0、1、2、3 を割り当てる必要があります。また、channel_map シーケンスは 0、1、2、3 として指定する必要があります。
    • メタデータ ツールを使用して空間音声メタデータを挿入します。制作ツールがあらかじめ YouTube の仕様に沿ったメタデータを生成する場合は、このメタデータ ツールを使用する必要はありません。
  • MP4 ファイルのエンコードは AAC(4.0 レイアウト)である必要があります。
  • MOV ファイルのエンコードは、AAC(4.0 レイアウト)または PCM(4.0 レイアウトまたはレイアウト指定なし)である必要があります。
  • AAC のサンプルレートとビットレートは、YouTube の推奨エンコード設定を使用する必要があります。AAC サンプルレートは 96 kHz または 48 kHz、ビットレートは 512 Kbps が推奨されています。最高の品質を得るには、非圧縮 PCM 音声形式を使用することを推奨します。
  • 使用できる音声トラックは 1 つだけです。1 つのファイル内に空間音声と併せてステレオまたはモノラルの音声を入れるなど、複数の音声トラックを含めることはできません。

空間音声を使用した動画をアップロードする

  1. 上記の動画要件を満たす、空間音声付きの 360 度動画を作成します。詳しくは 360 度動画のアップロード方法をご覧ください。
  2. 動画に対してメタデータ ツールを実行します。
  3. 動画を YouTube にアップロードします。

注: YouTube 動画エディタでは 360 度動画および VR 動画はまだサポートされていないため、YouTube 動画エディタは使用しないでください。

VR 動画の空間音声をプレビューする

Jump(VR 動画の作成と視聴ができるシステム)の検証ツールを使うと、アップロードする前に VR 動画の空間音声をプレビューすることができます。Jump 検証ツールは非圧縮 16 ビット PCM 音声を使用した 1 次アンビソニック音声チャンネル レイアウトの MOV ファイルに対応しています。16 ビット WAV ファイルの音声のみをプレビューすることもできます。詳しくは、Jump の使用方法をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。