動画に終了画面を追加する

終了画面は動画の最後の 5~20 秒に追加でき、他の動画を宣伝したり視聴者にチャンネル登録を促したりする目的に利用できます。

次の点にご注意ください。

  • 終了画面を表示するには動画の長さが 25 秒以上必要です。
  • 動画にアノテーションが含まれている場合は、終了画面を追加する前にアノテーションを非公開にするよう求められます。
  • カード ティーザー画像・ロゴの透かしなどの他のインタラクティブな要素は、終了画面では非表示になります。

終了画面を追加する

  1. YouTube Studio ベータ版で [動画] ページを開きます。
  2. 編集する動画のタイトルをクリックします。
  3. 左側のメニューから [エディタ] を選択します。
  4. [終了画面を追加する] を選択します。

従来のクリエイター ツールの手順

  1. YouTube にログインします。
  2. 画面右上のアカウント アイコン 次へ [クリエイター ツール] をクリックします。
  3. 左側のメニューで [動画の管理] 次へ [動画] を選択します。
  4. 終了画面を追加する動画の [編集] をクリックします。
  5. 上部のバーにある [終了画面] をクリックします。
  6. [要素を追加] をクリックします。要素は最大 4 つ追加できますが、そのうち 1 つは動画または再生リストにする必要があります。
  7. [保存] をクリックします。

プレーヤー左上の [プレビュー] を選択すると要素をプレビューできます。いつでも終了画面と要素の編集画面に戻れます。

終了画面をカスタマイズする

要素とは、終了画面に追加するコンテンツです。終了画面の要素は、いろいろな方法でカスタマイズできます。テンプレートを適用したり、新しい要素を追加したり、それぞれの要素を編集したり、要素のタイミングを変更したり、動画で要素が表示される位置を決めたりできます。

テンプレートを適用する

テンプレートには、終了画面を作成するためにカスタマイズできる要素のグループが含まれています。[終了画面を追加する] を選択すると、テンプレートを選択するよう求められます。テンプレートの要素をカスタマイズしたり、後からテンプレートを削除したりできます。

また、その他メニュー 次へ [テンプレートを適用] を選択して、終了画面の行に新しいテンプレートを適用することもできます。

新しい終了画面要素を追加する

要素を追加するには、テンプレートを適用するか、またはエディタの終了画面の行で [要素を追加] を選択します。

また、終了画面の行の空白の要素バーをクリックして新しい要素を追加することもできます。

要素の種類を変更する

  1. エディタの終了画面の行で、要素をクリックして選択します。
  2. 動画の左側にある要素の種類のプルダウンを見つけます。
  3. 要素の種類を選択します。
    • 動画
    • 再生リスト
    • 登録
    • チャンネル
    • リンク(YouTube パートナー プログラム)

[動画] 要素を選択すると、最新のアップロード、YouTube 視聴者への一番のおすすめ動画、特定の動画のうち、どれを表示するかを選択できます。[チャンネル] 要素を選択すると、カスタム メッセージを追加できます。

要素のタイミングを変更する

終了画面要素を動画に表示するタイミングを指定できます。終了画面の要素が複数ある場合、デフォルトではすべて同時に表示されます。それぞれの要素をカスタマイズして、異なるタイミングで表示できます。

  1. エディタの終了画面の行で、要素をクリックして選択します。
  2. 動画の左側にある、終了画面に関する時間のボックスを見つけます。
  3. 要素の開始時間または終了時間を変更します。

終了画面要素のタイミングは、エディタの終了画面の行で矢印をドラッグして変更することもできます。

要素の表示位置を変更する

  1. エディタの終了画面の行で、要素をクリックして選択します。
  2. 動画プレーヤーで、要素を目的の位置にドラッグします。

ヒント: グリッド アイコン をクリックすると、動画のプレビューの上にグリッドを表示できます。また、[グリッドに合わせる] や [要素に合わせる] を選択して要素を配置することもできます。

終了画面をプレビューする

動画の再生中に終了画面がどのように表示されるかを確認するには、動画プレーヤーで再生ボタン を選択します。

終了画面について

終了画面に表示できる要素

要素とは、終了画面に追加するコンテンツです。一部の要素は、展開表示するかカーソルを合わせることで詳細情報を表示できます。標準の 16:9 のアスペクト比の動画の場合、終了画面に最大 4 つの要素を追加できます。他のアスペクト比の動画の場合、追加できる要素の数はこれより少ない可能性があります。

要素には次のようなさまざまなタイプのコンテンツを表示できます。

  • 動画または再生リスト:
    • 最新のアップロード動画を表示します。
    • 視聴者に適した動画が、チャンネルから自動で選択されます。
    • チャンネル内の公開または限定公開の動画や再生リストを選択します。
  • チャンネル登録: チャンネル登録を促すことができます。
  • 承認済みウェブサイト: この機能は YouTube パートナー プログラムのメンバーのみに提供されます。関連するウェブサイトへのリンク、または承認済みの販売者やクラウドファンディングのウェブサイトへのリンクを表示できます。デフォルトではウェブサイトの画像が終了画面に表示されますが、タイトルを追加して、行動を促すフレーズを選択することもできます。
  • チャンネル: カスタム メッセージを表示して別のチャンネルを宣伝できます。
終了画面を作成する際のおすすめの方法
  • 動画との関連性がある要素を表示しましょう。
  • 行動を促すフレーズを使って、視聴者に終了画面のいろいろな要素をクリックするよう促しましょう。
  • カスタム画像を使用する場合は、300 x 300 ピクセル以上のサイズの画像を使用することをおすすめします。
  • 動画の最後に終了画面を表示するためのスペースと時間を設けるようにしましょう。動画を編集するときに、最後の 20 秒を使えるよう配慮してください。
  • 終了画面の複数の要素がそれぞれ異なるタイミングで表示されるようにしましょう。
終了画面に関する指標を確認する

終了画面のパフォーマンスは、YouTube アナリティクスの [視聴者の関心度] タブで確認できます。

  1. YouTube Studio ベータ版にログインします。
  2. 左側のメニューで [アナリティクス] を選択します。
  3. トップメニューから [視聴者の関心度] を選択します。

チャンネル全体のアナリティクスを表示している場合:

  • [人気の終了画面要素の種類] カードを使用すると、さまざまな種類の要素のパフォーマンスを比較できます。
  • [終了画面で人気の動画] を使用すると、視聴者が最もクリックした終了画面を含む動画を確認できます。

特定の動画のアナリティクスを表示している場合:

  • [終了画面要素のクリック率] カードを使用すると、視聴者が終了画面をクリックした頻度を確認できます。

終了画面の表示要件(視聴者側)

次の環境では、終了画面は視聴者に表示されません。

  • モバイルウェブ(iPad 向けモバイルウェブを除く)
  • YouTube Music アプリまたは YouTube Kids アプリ
  • Flash 動画
  • 360° 動画

 

注: 終了画面が常に表示されるとは限らず、また、設定とは異なる表示になる場合があります。これは、パフォーマンス、視聴者の行動、使用端末、コンテキストに基づいて終了画面が最適化されるためです。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。