申し立てが行われた音楽の使用制限

音楽ポリシーの一覧では、曲とその著作権者が設定した現在のポリシーが表示されます。この一覧には、その音楽を使用した動画を YouTube で公開するとどうなるかということだけが記載されています。

著作権者は、所有する音楽を YouTube で使用できるかどうか、また使用した場合にどうなるかを指定する著作権ポリシーを決定します。このポリシーによって、動画が表示されるかどうか、またどのように表示されるかが決まります。音楽ポリシーの一覧に掲載されている音楽を使用すると、著作権で保護されたコンテンツを使用していることを通知する著作権侵害の申し立てが届きます。

各ポリシーの意味は以下のとおりです。

  • 収益化: 著作権者が音楽の収益化を選択した場合、動画に広告が表示されます。広告収益の一部を動画の作成者に分配するよう著作権者が選択する場合もあります。このポリシーが適用されている場合でも、一部の地域や端末では動画が表示されないことがあります。
  • 全世界でブロック: 1 人以上の著作権者が YouTube で該当の音楽の使用を許可していません。この音楽を使用すると、動画の音声がミュートされたり、動画そのものが YouTube に表示されなくなったりします。
  • 一部の国でブロック: 1 人以上の著作権者が、YouTube で該当の音楽を使用できる国を制限しています。この音楽を使用すると、使用がブロックされている国では動画は表示されなくなります。

注: 著作権者は状況によってポリシーを変更したり、著作権侵害による削除通知を発行したりする場合があります。そのため、著作権者がお客様のケースに対して他とは異なる決定を下したり、音楽に適用しているポリシーを変更したりした場合、動画の状態が将来的に変わることがあります。YouTube から動画が削除される場合もあります。詳しくは Content ID についての記事をご覧ください。

こうしたポリシーが適用されるのは YouTube プラットフォーム内の動画のみです。アルバム全体またはアルバムの大部分をアップロードしたと考えられる場合は、適用されないことがあります。音楽の利用についてわからないことがある場合は、資格を有する弁護士に相談することをおすすめします。

他者のコンテンツの使用許可を得る

著作権で保護されている素材を動画で使用したい場合、通常はまず使用許可を得る必要があります。YouTube からこうした許可を与えることはできません。また、許可できる当事者を探して連絡する手助けもできません。著作権で保護された素材の使用についてわからないことがある場合は、資格を有する弁護士に相談することをおすすめします。また、YouTube にはクリエイターが動画で利用できる音楽を集めた無料のオーディオ ライブラリも用意されています。

音楽の著作権と Content ID に関する申し立ての処理について学びましょう。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。