@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

広告内の暴力的なコンテンツや衝撃的なコンテンツ

Google は多様性を重視し、他者を尊重しています。そのため、Google の広告ネットワークにはふさわしくない広告、ウェブサイト、アプリで視聴者に不快な思いをさせたり衝撃を与えたりすることがないように努めています。

暴力的または衝撃的であると見なされる可能性のあるコンテンツの例を以下に示します。

  • 冒とく的な表現
  • 暴力的な表現
  • 差別的な用語や画像
  • 陰惨な画像
  • 身体的外傷を示す生々しい画像や記事
  • 体液や排泄物などの不適切な描写
  • ショックや恐怖感を与える恐れのある宣伝
  • デリケートな事象につけ込む宣伝

動画広告に衝撃的なコンテンツが含まれているかどうかは以下によって判断されます。

  • 視聴者に衝撃を与えたり不快な思いをさせたりする可能性のある、暴力的な画像や生々しい画像を含むシーン。以下に例を示します。
    • 飛び散った血
    • 性的な体液
    • 人間や動物の排泄物
  • 暴力行為後の生々しい場面
  • 動画の中心としての暴力や流血のシーン
  • ドラマ化したコンテンツとして投稿された場合に、動画に含まれている暴力行為に現実味がある
  • その他の要素(カメラのアングルやフォーカス、問題の画像が動画の中で相対的に鮮明に映し出されているかどうかなど)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false