動画の自動再生

自動再生機能を利用すると、YouTube で次に視聴する動画を簡単に決められるようになります。YouTube の動画を視聴すると、視聴履歴に基づいて別の関連動画が自動的に再生されます。

モバイル ネットワーク接続時には、30 分間操作を行わないでいると自動再生は停止されます。また、Wi-Fi 接続時は 4 時間が経過すると自動的に自動再生が停止されます。これは、停止し忘れにより自動再生のセッション時間が長くなるのを防ぐためです。

テレビでの自動再生

テレビの YouTube アプリで自動再生する

  1. テレビで YouTube アプリを開きます。
  2. [設定] に移動します。
  3. [自動再生] までスクロールします。
  4. [自動再生] チェックボックスをオンまたはオフにします。

テレビにキャストしているときに自動再生する

テレビをスマートフォンやタブレットに接続している場合は、端末を使って自動再生をコントロールできます。

  1. モバイル端末をテレビに接続し、再生する動画を選択します。
  2. 画面下部のコントロール バーをタップしてキューを展開し、自動再生設定を表示します。
  3. 自動再生のスイッチをオフに切り替えます。

モバイル端末での自動再生の動作

自動再生はデフォルトでオンになっています。動画が終わると、次に再生される動画をお知らせするカウントダウンが始まります。動画プレーヤーより下に画面がスクロールされた場合や、コメントや検索などの文字が入力されている間は、カウントダウンは自動的に停止します。また、カウントダウン画面で [キャンセル] をクリックして、次の動画が自動再生されないようにすることもできます。

 

TeamYouTube チャンネルでは、最新情報、ヒント、ヘルプ情報をご紹介しています。ぜひチャンネルにご登録ください。

自動再生をオフにする

YouTube アプリでもモバイルサイトでも、同様の手順で行います。

  1. 動画再生ページの [次の動画] セクションに移動します。
  2. [次の動画] セクションの上部にある切り替えを使って自動再生をオフにします。

注: 再びオンにするまで、自動再生はオフのままになります。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。