@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

埋め込みを制限する

デフォルトでは、コンテンツ マネージャのユーザーはウェブサイトやアプリに YouTube 動画を埋め込むことができます。動画の埋め込み先を管理するには、ブロックまたは許可するウェブサイトやアプリをご自身で指定します。これらのルールは、所有している動画(使用許可のあるコンテンツ)と申し立てを行った動画(ユーザーがアップロードしたコンテンツ)に適用できます。

: iOS アプリには埋め込みの制限が適用されません。

ウェブサイトへの埋め込みを制限する

  1. Studio コンテンツ マネージャにログインします。
  2. 左側のメニューから [設定] を選択します。
  3. [概要] セクションで [ドメインへの埋め込みをブロック] までスクロールします。
  4. [ユーザーがアップロードしたコンテンツ] をクリックし、ユーザーがアップロードした動画(いずれかのアセットについて申し立てを行ったもの)を埋め込むウェブサイトに適用するルールを選択します。
    • すべてのドメインで許可(デフォルトのオプション): ウェブサイトへの埋め込みに関する制限はありません。
    • 特定のドメインで許可: [ドメイン] テキストボックスに入力した特定のウェブサイトを除き、すべてのウェブサイトで埋め込みをブロックします。
    • 特定のドメインでブロック: [ドメイン ] テキストボックスに入力した特定のウェブサイトで動画の埋め込みを許可しません。
    • すべてのドメインでブロック: すべてのウェブサイトで動画の埋め込みを許可しません。
  5. [ドメイン] テキスト ボックスに URL を入力します(各行に 1 つのドメイン URL)。
  6. [使用許可のあるコンテンツ] をクリックし、ご自身のチャンネルの動画を埋め込むウェブサイトに適用するルールを選択します。
  7. [ドメイン] テキスト ボックスに URL を入力します(各行に 1 つのドメイン URL)。
  8. [保存] をクリックします。

アプリへの埋め込みを制限する

  1. Studio コンテンツ マネージャにログインします。
  2. 左側のメニューから [設定] を選択します。
  3. [概要] セクションで [アプリへの埋め込みをブロック] までスクロールします。
  4. [ユーザーがアップロードしたコンテンツ] をクリックし、ユーザーがアップロードした動画(いずれかのアセットについて申し立てを行ったもの)を埋め込むアプリに適用するルールを選択します。
    • すべてのアプリで許可(デフォルトのオプション): アプリへの埋め込みに関する制限はありません。
    • ID に基づいてアプリへの埋め込みを許可: [アプリ ID] テキスト ボックスに入力した特定のアプリを除き、すべてのアプリで埋め込みをブロックします。
    • ID に基づいてアプリへの埋め込みをブロック: [アプリ ID ] テキスト ボックスに入力した特定のアプリで動画の埋め込みを許可しません。
    • すべてのアプリでブロック: すべてのアプリで動画の埋め込みを許可しません。
  5. [アプリ ID] テキスト ボックスに URL を入力します(各行に 1 つのアプリ ID)。
  6. [使用許可のあるコンテンツ] をクリックし、ご自身のチャンネルの動画を埋め込むアプリに適用するルールを選択します。
  7. [アプリ ID] テキスト ボックスに URL を入力します(各行に 1 つのアプリ ID URL)。
  8. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false