ライブ配信のアーカイブ

従来のライブ配信ツールはまもなくサポート終了となります。従来のデスクトップ配信ツールに新機能や改善された機能が加わった新しいライブ管理画面をお試しください。詳細

ライブ配信が 12 時間未満の場合、YouTube で自動的にアーカイブできます。このオプション設定は、今すぐ配信、イベント、ウェブカメラ、モバイルなど、あらゆるタイプのライブ配信に適用されます。動画の解像度が 1440p や 2160p(4K)の配信も自動的にアーカイブされます。ただし、バックアップとしてローカルにも保存しておくことをおすすめします。なお、ハイライト動画はライブ配信中でも作成できます。

12 時間を超える配信については、アーカイブは作成されません。

アーカイブ設定

  1. YouTube Studio にアクセスします。

  2. 左側の [動画] をクリックします。

  3. [ライブ配信] タブをクリックします。

    • プライバシー設定を変更するには、[公開設定] に移動します。

    • 動画を削除するには、その他アイコン  をクリックします。

: モバイルライブ配信では、[アップロード済み] ページでプライバシー設定を編集したり(非公開として設定するなど)、アーカイブを削除したりできます。

今すぐ配信

アーカイブの設定を更新するには:
  1. youtube.com/live_dashboard にアクセスします。
  2. [ストリーム オプション] をクリックします。
  3. [完了時にアーカイブを限定公開にする] チェックボックスをオンにします。

イベント

アーカイブの設定を更新するには:
  1. youtube.com/live_dashboard にアクセスします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [ストリーミングが終了したら自動的にアーカイブを限定公開にする] チェックボックスをオンにします。

モバイル

モバイルでのライブ配信終了後は、[アップロード済み] ページでプライバシー設定を編集したり(非公開として設定するなど)、アーカイブを削除したりできます。

 

注: ライブ配信のアーカイブのプライバシー設定は、[動画の管理] を使用して変更することもできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。