検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

広告を掲載するのに適したコンテンツのガイドライン

広告を掲載するのに適したコンテンツとは、すべての視聴者に適したコンテンツを指します。これは、動画ストリームのサムネイルや動画のタイトルのようなメタデータに不適切または成人向けのコンテンツがほとんど含まれないコンテンツのことを言います。不適切なコンテンツが一部含まれていても、人を不快にさせたりショックを与えたりすることが目的ではなく、クリエイターが情報を伝えたりエンターテイメントを提供することを目的として作成したニュースやコメディーは適したコンテンツになることがあります。

YouTube のポリシーに沿ったコンテンツであっても、Google の広告に適切であるとは限りません。Google のプログラム ポリシーでは、収益受け取りの対象にできるコンテンツに関するその他のガイドラインをご確認いただけます。また、広告主がコンテンツに対して独自の基準や要件を定めている場合もあります。

広告の掲載に不適切と見なされるコンテンツ

次の要素を含むコンテンツは「広告の掲載に不適切」と見なされます(これらは一例です)。

  • 半裸や性的なユーモアを含む、性的なものを暗示するコンテンツ
  • 大けがや過激な暴力主義の表現を含む、暴力
  • 嫌がらせ、冒涜、下品な言葉を含む、不適切な言葉
  • 薬物や規制対象物の販売、使用、乱用を含む宣伝
  • 戦争、政治紛争、自然災害、死亡など、物議を醸す事件や影響の大きい問題(生々しい画像が表示されていない場合でも)
動画の一部が上記のいずれかに該当する場合は、収益受け取りが承認されない可能性があります。また、収益受け取りが承認されても、ご利用いただけるすべての広告フォーマットの対象にはならないことがあります。YouTube は、動画の収益化を拒否する権利のほか、ポリシーに違反する動画を繰り返し投稿するチャンネルに対して収益受け取り機能を停止する権利を有しています。

広告の掲載に適したコンテンツの作成

重要なのはコンテキストです。優れたコンテンツは必ずしも無害なものではなく、特に現実世界の問題を扱っている場合はそう言えます。動画に生々しい映像が含まれていても、コンテキストを補うことで広告を掲載するのに適したコンテンツにできる可能性があります。

YouTube でコンテンツを収益化するにあたっての推奨事項:

  • YouTube のポリシー ガイドライン遵守する

  • 動画の内容を正しく反映したタイトルやサムネイルを使用する

  • ブランディング広告主の心に響き、広告掲載したいと思わせるようなコンテンツを作成する。そうすることで、自分のチャンネルの広告スポンサーが見つかりやすくなります。

  • タイトルやサムネイルで露骨な言葉や画像を使用しない

  • 動画に独自のスポンサー向けのプロモーションを埋め込まない。これは、広告主間で競合が起こる原因になるためです。詳しくは、有料プロダクト プレースメントのポリシーをご覧ください。

コンテンツへの広告表示が承認される仕組み

YouTube では、テクノロジーとポリシーの適用プロセスを使用して動画が広告掲載に適しているかを判断しています。動画が制限付きモードでも表示されるかどうかは収益化には影響しません。

  • 自動チェック: 高度なシステムを使用して、動画のタイトル、メタデータ、画像などの要素を自動でチェックし、一般的な広告にどれだけ適しているかをチェックします。
  • コミュニティによる報告: ユーザー コミュニティから不適切な動画を報告してもらい、審査を行います。詳しくは、コンテンツを報告する方法をご覧ください。
  • 広告主による管理: ブランディング広告主のキャンペーン設定には、YouTube のどこに広告を表示するかを管理できるツールがあります。視聴者のユーザー属性、トピック、カテゴリ、コンテンツの適切性に基づいて、ターゲットを設定したり排除したりできます。動画に掲載された広告の広告主から申し立てがあった場合、YouTube は動画がポリシー ガイドラインを満たさないと判断したときには動画の収益化を無効にする権利を有しています。

ポリシー違反の内容に応じて、動画はサイトから削除されるか、年齢制限がかけられます。年齢制限のある動画では収益化が無効になり、Google は直ちにこれらの動画への広告掲載を停止します。

動画の審査を依頼する

アップロードした動画のコンテンツが広告の掲載に不適切であると報告されたものの、その動画が収益受け取りの対象であるとお考えの場合は、YouTube チームによる確認を依頼することができます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
クリエイター向けの情報

チャンネルの作成やコミュニティでの交流に役立つクリエイター向けの情報をチェックしましょう。