その他の法的問題

法的な申し立てと裁判所命令

YouTube に投稿されているコンテンツがご自身の権利を侵害している、または該当する法律に違反していると思われる場合は、商標権名誉毀損偽造品、またはその他の法的な問題の申し立て手続きに沿って申し立てを行うことができます。アップロードしたユーザーに対する裁判所命令がある場合は、法的な申し立てを行った後に自動返信されるメールへの返信に裁判所命令のコピーを添付してください。裁判所命令は一連の地域的基準と世界的基準に従って検討、評価されます。

なお、法的な申し立て以外の方法でも問題のあるコンテンツについて YouTube に通知できます。たとえば、コミュニティ ガイドラインに違反していると思われるコンテンツがあれば YouTube に報告してください。また、法的な申し立てを行う前に、その動画が YouTube のプライバシー ポリシーや嫌がらせ行為に関するポリシーに基づいて削除される対象となるかどうかを検討してください。

保護技術の無効化

保護技術の無効化とは、ソフトウェアのライセンス認証を回避できるようにするためのツールを指します。これにはシリアル番号、keygen、パスワード、ソフトウェアやゲームをハッキングするその他の手法などがあります。

保護技術の無効化(CTM)と著作権の相違点

CTM はソフトウェアにアクセスする方法を提供するツールです。一方、著作権はソフトウェアの表示や入手方法に関わる問題です。動画にソフトウェアのインターフェースの画像が映っている場合や、ソフトウェアをダウンロードできるリンクが動画内や動画の説明に含まれている場合は、著作権侵害による削除通知を提出してください。

CTM の申し立ての対象となるのは、侵害の対象となるものは映っていない(または直接リンクされていない)けれども、そのソフトウェアを違法に入手する方法を示している動画です。

CTM に対して申し立てを行う正当な理由があるとお考えの場合は、ウェブフォームにご記入ください。

保護技術の無効化に対する申し立てを行う

 

字幕

動画が通信と映像アクセシビリティに関する法律に違反しているという通知が届いた場合、元々字幕付きで放送されたテレビ コンテンツをアップロードしていることが考えられます。通信と映像アクセシビリティに関する法律(CVAA)では、テレビ放送時に字幕が付いていたすべての録画番組は、インターネット上でも字幕付きにすることが義務付けられています。自分のコンテンツは CVAA の要件から除外されるとお考えの場合は、字幕の認定で該当する項目を選択してください。

CVAA により字幕の表示が義務付けられていると思われる動画に字幕が付いていない場合は、ウェブフォームからリクエストを提出してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。