検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

YouTube 認定資格プログラムの概要

YouTube 認定資格プログラムは、トップレベルの企業パートナー、ブランド、代理店、プロのクリエイターの皆様に学習機会を提供することを目的としています。現在までに、10,000 を超える YouTube パートナー様が認定を受けています。

YouTube では最新のベスト プラクティスと業界レベルの情報を提供して、YouTube プラットフォームを利用して活動する個人や企業が成果を収められるよう支援します。

要件と利点

YouTube 認定資格を取得することで、チャンネルの作成、成長、最適化、収益化に関する詳細を学ぶことができます。プログラムには個人向けと企業向けの認定資格があります。認定資格は、プログラムに合格した日から 18 か月間、または YouTube 認定企業として承認を受けた日から 18 か月間有効です。

個人向けの認定資格

個人の場合は、試験で 75% 以上の点数を取得する必要があります。認定コースに合格するとすべての個人は、個人向けの認定資格を受け取ります。

個人向けの YouTube 認定資格を取得すると次のような利点があります。

  • 需要の高い業務スキルと高価値の業界標準資格の認定の証明
  • YouTube 認定バッジと YouTube 認定 LinkedIn バッジの使用許可

: 認定資格を取得するには、利用規約コミュニティ ガイドライン(これらは一例です)を含む、現行のすべての YouTube ポリシーを遵守している必要があります。利用規約のガイドラインに遵守しない個人はレビューの対象となり、YouTube 認定資格が取り消される場合もあります。

企業向けの認定資格

企業認定を受けるには、YouTube を担当する従業員の 75% 以上が 4 つの認定資格(コンテンツの所有権、アセットの収益化、チャンネルの成長、コンテンツ戦略)のいずれか 1 つに合格する必要があります。

YouTube 認定企業になると次のような利点があります。

 

注: YouTube 認定資格プログラムは、認定資格を取得した個人または企業のパフォーマンスや品質を YouTube が保証または表明するものではありません。YouTube では、認定資格を取得した個人または企業とのビジネスにおいて特別な成果が得られるという保証はいたしません。提携する企業を評価し、ビジネスにとって最も有益なことは何かをご自身で判断することが大切です。

認定資格

YouTube 認定資格は、独自の YouTube ビジネスの関連業務に合わせた 4 種類の認定資格を提供しています。

  コンテンツの所有権 アセットの収益化 チャンネルの成長 コンテンツ戦略
チャンネル管理者 おすすめします   おすすめします 知識があると役立ちます
事業運営 おすすめします      
デジタル著作権管理と法律 おすすめします おすすめします    
セール、コンテンツ、戦略     知識があると役立ちます おすすめします

 

以下では、対象の視聴者と各認定資格に含まれるトピックについて詳しく説明します。

コンテンツの所有権

CMS、著作権、申し立て、アナリティクスを使用する場合に認定された習熟度を向上させます。

  • 視聴者: Content ID、ビジネスとオペレーション分析を使用する YouTube パートナー
  • 取り上げるトピック
    • YouTube での著作権
    • CMS でのビジネス運営
    • Content ID での権利の行使

アセットの収益化

デジタル所有権、高度な分析、複雑な申し立てのケースなどについてさらに理解を深め、アセットの収益アップと最適化を図ります。

  • 視聴者: デジタル著作権と法律
  • 取り上げるトピック
    • アセットを最適化して収益を上げる
    • 収益に関するアナリティクスとレポート

チャンネルの成長

YouTube エコシステムやプラットフォーム戦略を活用したチャンネルの評価と収益化のパフォーマンスについて学ぶことができます。

  • 視聴者: チャンネルの管理者と戦略担当者
  • 取り上げるトピック
    • プラットフォームの概要
    • チャンネル評価
    • チャンネルの収益

コンテンツ戦略 - ブランド パートナー プログラム

コンテンツやプログラミングの枠組み、宣伝、効果の測定、クリエイターとの連携を通じ、ブランド コンテンツを作成する方法についての専門知識を深めることができます。

  • 視聴者: エージェントと戦略担当者
  • 取り上げるトピック
    • マーケティング環境の進化に対応する
    • 動画コンテンツ戦略を立てる
    • 創造性に富んだ動画コンテンツに取り組む
    • 動画配信を改善する
    • クリエイターとの提携

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。