動画にカードを追加する

: この機能は、YouTube Studio ベータ版ではまだご利用いただけません。YouTube Studio ベータ版(studio.youtube.com)を使用している場合は、左側のメニューにある [従来のクリエイター ツール] を選択してから以下の手順に従ってください。

カードを使うと、動画をさらにインタラクティブなものにすることができます。たとえば、アンケートや他のチャンネルへのリンクなどのカードを追加できます。

動画にカードを追加する

動画にカードを追加する手順は次のとおりです。1 つの動画に最大 5 枚のカードを追加できます。

  1. パソコンでアカウントにログインし、[動画の管理] にアクセスします。
  2. カードを追加する動画を探して [編集] を選択します。
  3. 上部のタブバーで [カード] を選択します。
  4. [カードを追加] を選択し、カードの種類を選びます。
  5. 追加するカードの種類の横にある [作成] を選択します。
  6. リンクの種類によっては、まず [有効にする] を選択して利用規約に同意する必要があります(まだ同意していない場合)。
  7. カードで視聴者を誘導する URL を入力します。
  8. 画像をアップロードするか、サイトから提案される画像(ある場合)を選択します。アップロードする画像は .jpg、.gif、.png 形式でサイズが 5 MB 以下である必要があります。また、画像は正方形に切り抜かれることにご留意ください。
  9. 必要に応じて、タイトル、行動を促すフレーズ、その他のテキストを編集します(最大半角 30 文字(全角 15 文字))。カード ティーザーの表示開始時間は、動画の下のタイムラインで調整できます。
  10. [カードを作成] を選択します。

作成後にカードを編集する必要がある場合は、[カード] タブに移動し、変更するカードの横にある編集アイコン を選択します。

カードについて

カードの詳細については、TeamYouTube の動画をご覧ください。

カードの種類

コンテンツのカスタマイズに使用できるカードの種類を以下に示します。YouTube アナリティクスを使用して、カードのパフォーマンス レポートを見ることもできます。

チャンネル カード

視聴者にぜひ見てほしいチャンネルにリンクできます。たとえば、動画に協力してくれたチャンネルにカードを使って感謝を伝えたり、他のチャンネルを視聴者におすすめすることもできます。

寄付カード

米国の非営利団体への寄付を募りたい米国にお住まいのクリエイターは、動画に YouTube 寄付カードを設定して寄付を集めることができます。
動画に寄付カードを追加する手順に沿って、自分が選んだ米国の非営利団体に対して直接視聴者が寄付できるようにしましょう。
リンクカード
クリエイター機能へのアクセス
一般的に、関連するウェブサイト、クラウドファンディング、販売サイトにリンクしている終了画面やカードなど特定の機能を使用するには、お使いのチャンネルが YouTube パートナー プログラムに参加している必要があります。
 
2018 年 2 月 20 日から適用開始された新しい基準により YouTube パートナー プログラムの利用資格を失ったチャンネルでも、YouTube が新たな利用資格を策定する間は上記の機能を引き続き利用できます。詳しくは、YPP に関するよくある質問のページをご覧ください。

関連ウェブサイト カード

動画と関連ウェブサイトを直接リンクできます。このカードを使用するには、アカウントに関連ウェブサイトを追加する必要があります。

クラウドファンディング カード

承認済みのクラウドファンディング サイトの URL で、クリエイティブなプロジェクトと視聴者を直接つなげることができます。

商品紹介カード

ライセンスを持つ商品を動画の中で直接宣伝できます。リンクさせる URL が承認済みの販売者の URL であることをご確認ください。

アンケート カード

アンケートを表示してさまざまな選択肢に投票してもらうことで、視聴者と交流できます。カードを使って視聴者アンケートを取る方法についての記事をご覧ください。

動画カードまたは再生リストカード

視聴者が関心を持ちそうな別の公開中の YouTube 動画や再生リストにリンクできます。動画のどのタイミングにリンクするかを指定できます。

視聴者がカードを活用する方法

カードは動画を補完し、関連性の高い情報を視聴者に提供して利便性を高めるために利用できます。YouTube では、このシステムを発展させながら、パフォーマンス、視聴者の行動、使用しているデバイスに基づいて特に関連性の高いティーザーが表示されるように改良していく予定です。

視聴者がカードにアクセスする方法

  • 動画の再生中に、指定されたタイミングで視聴者に向けてティーザーが表示されます。
  • 視聴者がプレーヤーにカーソルを合わせてカードアイコン をクリックできます。視聴者がモバイルで視聴している場合は、プレーヤーのコントロール バーが表示されている間にカードアイコンが表示されます。
  • ティーザーまたはアイコンをクリックすると、その動画のすべてのカードを表示できます。

カードがコンテンツに与える影響

  • 動画が Content ID による申し立てを受け、そのコンテンツ所有者によってキャンペーンが設定されている場合、動画にカードは表示されません。詳しくは Content ID についての記事をご覧ください。
  • カードを表示する動画には、Call-to-Action オーバーレイは表示されません。

動画上でのカードの表示のされ方

カードは、パソコンの場合は動画の右側に表示され、モバイルの場合は動画の下に表示されます。動画に複数のカードがある場合は、動画の再生中にカードをスクロールできます。

カードが表示される対象

この機能は、バージョン 10.09 以降の YouTube アプリを搭載したモバイル端末でご利用いただけます。この機能は Adobe Flash ではご利用いただけません。
カードを使って視聴者にコンテンツを見つけてもらいやすくする方法に関するワンポイントをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。