アートトラックの削除を依頼する

この記事で説明する機能は、YouTube のコンテンツ マネージャを使って著作権で保護されたコンテンツを管理しているパートナー様にのみご利用いただけます。

YouTube からサウンド レコーディングのアートトラックを削除する必要がある場合は、元の音源を提供したときと同様の方法で削除を依頼します。

  • 削除するアートトラックの所有権を削除した、新しいバージョンのアートトラック スプレッドシートをアップロードします。track_territory_start_dates の値を含まないアートトラックはすべて削除されます。

  • <EndDate> タグを過去 2 日以上前の日付(タイムゾーンの違いを考慮するため)に設定した新しい DDEX ファイルを送信します。詳しくは、削除についての記事をご覧ください。

DDEX を使って配信したレコーディングの削除依頼を、アートトラック スプレッドシートを送信して行う場合、元の DDEX ファイルと同じ識別子(GRid、EAN、UPC)をスプレッドシートで指定する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。