アートトラックを更新する

この記事で説明する機能は、YouTube のコンテンツ マネージャを使って著作権で保護されたコンテンツを管理しているパートナー様にのみご利用いただけます。

サウンド レコーディングのアートトラックに誤った情報が表示されている場合は、YouTube に正しい情報を提供してアートトラックを更新します。更新情報は、元のサウンド レコーディングを提供したときと同様の方法で YouTube に送信できます。

更新メッセージには、新しい値だけではなくサウンド レコーディングのすべてのメタデータを含める必要があります。たとえば、最初に録音物のカスタム ID を提供した場合は、更新メッセージにもカスタム ID を含める必要があります。アルバムに含まれる単一のトラックを更新するには、他のトラックには変更を加えない場合でも、アルバムのすべてのトラックのメタデータを含める必要があります。

アートトラックに使用したメディア ファイルを更新する場合は、そのメディア ファイルと一緒にスプレッドシートまたは DDEX ファイルをアップロードしてください。メディアシートは要求される仕様を満たしている必要があります。メディア ファイルを更新しない場合は、ファイルを再アップロードする必要はありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。