アートトラックとは

この記事で説明する機能は、YouTube のコンテンツ マネージャを使って著作権で保護されたコンテンツを管理しているパートナー様にのみご利用いただけます。

アートトラックとは、音楽アルバムのトラックの YouTube バージョンとして自動的に生成されたもののことです。アートトラックはサウンド レコーディングとアルバムアートで構成されます。

アートトラックの目的は、アルバムごとに各トラックの YouTube バージョンを用意することです。現在は、レーベルやアーティストが制作に多大な時間とリソースを投じなければ、レコーディングの公式ミュージック ビデオを作成できません。しかしアートトラックにより、ミュージック ビデオが制作されていなくても、レコーディングの YouTube バージョンが自動的に作成されます。

YouTube Music の DDEX フィードまたは [オーディオ - アートトラック] 一括アップロード スプレッドシートを使ってアップロードされたトラックごとに、1 つのアートトラックが作成されます。トラックは、ISRC、リリース ID(UPC、EAN、GRid)、パートナーに基づいて識別されます。アートトラックは、これらのフィールドの一意の組み合わせごとに作成されます。

アートトラックにより、YouTube で完全なミュージック カタログが作成されるようになります。アートトラックはアルバムのプレイリストと検索結果に表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。