検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

YouTube のツールでコンテンツを翻訳する

クリエイターの動画の総再生時間のうち、平均で 3 分の 2 以上が本人の居住する国以外から獲得されています。YouTube の翻訳ツールを利用して他の言語でも動画を楽しめるようにすることで、国外の視聴者を増やすことができます。

  • メタデータを翻訳すると、動画のリーチと見つけやすさを向上させることができます。翻訳した動画のタイトルと説明は、他の言語を使用する視聴者の YouTube 検索結果として表示されます。
  • 翻訳した字幕がある動画も他の言語を使用する視聴者の検索結果に表示され、視聴してもらうことができます。
  • 元の言語の字幕を付けると、聴覚障害を持つ視聴者、母国語が異なるユーザー、賑やかな場所にいるユーザーにも動画を楽しんでもらうことができます。

コンテンツを翻訳するためのツール

翻訳を追加する
  • 動画に翻訳したタイトルと説明を追加しましょう。視聴者が自分の言語を使って検索して動画を見つけられるようになり、ユーザーにとって適切な言語で動画のタイトルや説明が表示されます。
  • 自分が作成した字幕を追加しましょう。耳が不自由な方や動画内で使っている言語以外の言語を話す視聴者など、より多くの視聴者にコンテンツを楽しんでもらうことができます。
視聴者に翻訳を提供してもらう
  • 視聴者への翻訳依頼機能を使用すると、視聴者が話す言語のメタデータ(タイトルと説明)や字幕を追加してもらうことができます。十分な数の視聴者が翻訳を追加して承認されると、自動的に動画で字幕が公開されます。
  • 視聴者としてお気に入りのクリエイターの動画の翻訳に協力する方法もご覧ください。

自動字幕起こしを使用する

この機能を有効にすると、音声認識技術を利用して動画の元の言語の字幕を自動的に追加することができます。
 
 

翻訳してもらうコンテンツの選び方や、別の言語を話す視聴者にアプローチするための戦略を立てる方法について詳しくは、YouTube クリエイター アカデミーをご覧ください。

動画のリーチと見つけやすさを最大限に高め、ユーザーが快適に動画を楽しめるようにするため、同じ言語に翻訳されたメタデータと字幕の両方が動画に追加されていることを常に確認しましょう。
ミュージック ビデオや「NG 集」動画など、音声を翻訳して理解する必要のないコンテンツは唯一の例外となります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。