検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

動画のアップロード処理が進まない

動画のアップロードに時間がかかる、またはアップロード処理が進まないときのヒント

アップロード時間は、動画の形式、ファイル サイズ、インターネット帯域幅、アップロード トラフィックによって大きく変わります。数分から、場合によっては数時間にもなることもあります。動画のアップロードに時間がかかりすぎていたりアップロード処理が進んでいないと思われる場合は、次のような問題が発生している可能性があります。

  • ファイル形式とサイズ: クリップの長さだけでなく、アップロードしようとしているファイルの形式とサイズも考慮してください。動画ファイルのサイズはファイル形式によって決まります。アップロードをすばやく行うには、推奨される形式のいずれかで動画をエンコードすることをお勧めします。
  • インターネット接続が遅い: インターネット接続をご確認ください。アップロードに時間がかかる主な原因として、インターネット接続が遅すぎたり不安定であることが挙げられます。
  • アップロード トラフィックが多い: トラフィックが混雑しているときにアップロードしている可能性があります。トラフィックのピーク時には、インターネット サービス プロバイダのアップロード トラフィックが急増し、YouTube への動画のアップロードに長時間かかる場合があります。YouTube の動画のパフォーマンスをご確認ください。
  • 解像度: HD 動画をアップロードした直後は、さまざまな再生端末で低解像度でのストリーミングが可能になります。高解像度バージョンはその後で再生できるようになります。YouTube では、アップロードされた動画の処理時間を短縮できるよう取り組んでおります。初めから特定の解像度で動画を公開したい場合は、まず動画を限定公開でアップロードし、動画の処理が完了して目的の解像度で再生できるようになってから公開に変更してください。

これらの問題のいずれかが発生している場合、YouTube への動画のアップロードが終わるまで待つことをおすすめします。メールの設定を有効にすると、アップロードが完了したときに通知を受け取ることができます。

以前のアップロードを継続する

途中までのアップロードを無駄にすることなく利用できます。なんらかの理由でアップロードを中止しなければならなかった場合、24 時間以内であれば中断したところからアップロードを継続することができます。youtube.com/upload に戻ってパソコンから同じファイルを選択するだけです。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false