ハイライト動画の作成

 

従来のライブ配信ツールはまもなくサポート終了となります。従来のデスクトップ配信ツールに新機能や改善された機能が加わった新しいライブ管理画面をお試しください。詳細

ライブ配信の際にハイライト動画を作成すると、短く編集されたライブ配信の抜粋を配信中に共有できます。ハイライト動画の作成方法は、ライブ管理画面、今すぐ配信、イベントのうち、どれを利用しているかによって異なります。

ストリーム マーカーを追加してハイライト動画を簡単に作成する

ハイライト動画を簡単に作成できるよう、ライブ配信中に発生した注目のシーンにストリーム マーカー を追加できます。追加したストリーム マーカーは、YouTube エディタでハイライト動画を作成するときにタイムラインに表示されます。

ハイライト動画の作成方法

ハイライト動画は、ライブ配信中に作成して、配信終了後に編集することもできます。自分一人で配信している場合(多くのゲーマーがそうしています)、目印としてストリーム マーカーを挿入しておき、配信が終了してからハイライトを作成することをおすすめします。チームで配信をしている場合は、配信中に簡単にハイライトを作成できます。

 

  1. YouTube Studio を開きます。
  2. 右上にある [作成] 次に [ライブ配信を開始] をクリックします。
  3. [エンコーダ配信] または [管理] をクリックして配信を開始します。
  4. 何か面白いことが起きたら、ストリーム マーカーを追加します。追加するには、右上にある [ストリーム マーカーを挿入]  をタップします。
  5. 画面上部の [ハイライトを作成] をクリックします。
  6. 動画のトリミング: ハイライト動画にする部分を選択します。タイムライン上のハンドルバーをドラッグするか、タイムスタンプを編集します。 
    ミュートまたはミュートの解除: [ミュート] をタップします。
  7. タイトルを入力し、動画のプライバシーを設定して説明を追加します。
  8. [作成] をクリックします。動画が自動的に公開されます。
今すぐ配信

[今すぐ配信] を使用している場合は、ストリームの解像度とフレームレートが自動的に検出されます。

  1. ストリームを開始したら、プレーヤーの下にある [ハイライトを作成] ボタンをクリックします。
  2. プレーヤーのタイムラインを使用し、[プレーヤーの時刻を使う] ボタンを使ってクリップの開始時刻と終了時刻を設定します。
  3. [アップロード] をクリックしてハイライト動画を処理します。複数のハイライト動画を作成できます。 
イベント

[イベント] でライブ ストリームをスケジュールしている場合は、アーカイブ録画を有効にしなくてもハイライト動画を作成できます。

  1. イベントを作成して [プレビュー プレーヤーに同期] 機能を有効にし、ストリーミングを開始します。
  2. プレビュー プレーヤーのタイムラインを使用し、[ハイライトの作成]、[開始の設定]、[終了の設定] で開始位置と終了位置をマークします。
  3. [アップロード] をクリックしてハイライト動画を処理します。複数のハイライト動画を作成できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。