youtube.com での動画のアップロードと申し立て

この記事で説明する機能は、YouTube のコンテンツ マネージャを使って著作権で保護されたコンテンツを管理しているパートナー様にのみご利用いただけます。

コンテンツ パートナーの場合、YouTube に動画をアップロードするプロセスにはいくつかの付加的なステップが含まれています。動画の処理の他に新規のアセットの作成、新規アセットに対応する動画の申し立て、さらに動画の処理方法を指定するポリシーの適用が行われます。

下記で説明する手順は、youtube.com の [アップロード] ページから動画をアップロードする方法です。その他の方法で動画をアップロードする場合、アセットの作成および動画の申し立てのプロセスは異なります。

アップロードするすべての動画について、音声と映像の使用権に必要なライセンスを所有していなければならないことにご留意ください。

YouTube コンテンツ パートナーが動画をアップロードするには:

  1. YouTube パートナー アカウントにリンクされたユーザー名を使用して、YouTube にログインします。

  2. ページ上部にある [アップロード] リンクをクリックします。

  3. アップロードする動画を選択します。大きい上向きの矢印アイコンをクリックしてファイル選択ダイアログ ボックスを開くか、動画をページ上にドラッグ&ドロップします。

    動画ファイルのアップロード時に、動画の詳細情報を編集するページが表示されます。ここでは動画のタイトル、説明、タグを追加したり、プライバシーのステータスを設定することができます(省略可能)。

  4. [収益化] タブをタップします。

  5. 該当の動画について作成するアセットのタイプを指定します。

    YouTube では、ミュージック ビデオ、ウェブ動画、映画などのように、表現されるコンテンツのタイプに応じてさまざまなアセットタイプを認識します。ページの下部の [アセット情報] セクションには、アカウントに対するデフォルトのアセットタイプも含めて、指定可能なそれぞれのアセット タイプに対応するラジオボタンが表示されます。別のアセットタイプに変更するには、目的のアセットタイプの横のラジオボタンをクリックします。

    ステップ 8 で保存を行った後は、アセット タイプを変更することはできません。
  6. 該当の動画に関連付けるポリシーを設定します。

    [利用ポリシー] プルダウン リストには、アカウントで利用可能なポリシーが表示され、デフォルトの利用ポリシー(または、デフォルトの使用ポリシーがない場合はすべての国のトラック)が選択されています。別のポリシーを選択するとデフォルトが上書きされます。

  7. YouTube の Content ID システムに登録していない場合は、アップロードされた動画から参照を作成するかどうかを指定します。

    このアセットについてコンテンツ ID の一致を有効にするには [コンテンツ ID の一致を有効にする] チェックボックスを選択し、プルダウン リストから [一致ポリシー] を選択します(これらのコントロール機能は、コンテンツ ID の登録をしていない場合は表示されません)。

  8. [変更を保存] をクリックします。

動画のプライバシー設定が [公開] の場合、[変更を保存] をクリックすると動画が公開され、ファイルの処理が完了します。ライブを開始する前に動画を見直す場合は、[プライバシー設定] を [非公開]、[限定公開][スケジュール設定済み] のいずれかに設定します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。