ライブ字幕の要件

字幕とは、番組内の音声を文字に起こしたものです。イベントにライブ字幕をつけるには、対応ソフトウェアから HTTP POST で YouTube に字幕を送信する必要があります。

米国のテレビで字幕付きで放送されるライブイベントについては、オンラインでも字幕が必要となる場合があります。本件に関する連邦通信委員会(FCC)の情報は、こちらでご確認ください: http://www.fcc.gov/guides/captioning-internet-video-programming

 

ライブ ストリームで字幕を有効にする

(以下のいずれかの対応ソフトウェアを使用する必要があります)

  1. 通常どおりにイベントを作成します。新しい YouTube ライブ プラットフォームを使用する必要があります。
  2. [取り込み設定] タブの下に [字幕] セクションがあります。[字幕を有効にする] チェックボックスをオンにします(対応ソフトウェアが必要)。
  3. [字幕取り込み URL] ボックスをクリックしてすべて選択し、コピーします。これが署名付き HTTP URL です。
    1 つのストリーム エントリ ポイントが処理できる字幕フィードは 1 つだけです。
  4. この URL を字幕製作者に送信し、YouTube 対応の字幕ソフトウェアに入力してもらいます。
  5. [保存] をクリックします。
最適な結果を得るためには、システムの時計が正確であることをご確認のうえ、字幕ソフトウェアに干渉しているアンチウイルス ソフトウェアを無効にしてください。

対応ソフトウェア

  • Total Eclipse
    • この機能を使用するには、Eclipse / AccuCap 6.0.0.5 以上が必要です。
    • インストールと使用方法については、技術サポート(support@eclipsecat.com または 1-800-800-1759)にお問い合わせください。
  • Case CATalyst
    • この機能を使用するには、Case CATalyst BCS バージョン14.52 以上が必要です。
    • インストールと使用方法については、技術サポート(1-800-323-4247 または 630-532-5100)にお問い合わせください。
  • CaptionMaker
    • この機能を使用するには、CaptionMaker バージョン 5.22 以上が必要です。
    • インストールと使用方法については、技術サポートにお問い合わせください。
  • StreamText.Net
    • すべてのテキスト読み上げプラットフォームに対応した、クラウドベースの字幕配信システムです。
    • 使用方法については、サポート窓口(support@streamtext.net)にお問い合わせください。

HTTP 経由の YouTube 字幕配信の詳細についてご関心のある字幕ベンダー様は、こちらのフォームにご記入ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。