動画に年齢制限を設定する

このタイプの年齢制限はアップロードするユーザーによって設定されるもので、YouTube が確認した結果として設定されるものではありません。この機能を使用すると、すべてのユーザーにふさわしいとはいえない動画に対して年齢制限を設定できます。

年齢制限が設けられた動画を見るには、視聴者が 18 歳以上で、ログインしている必要があります。年齢制限が設定された動画は YouTube の特定のセクションには表示されません。また、年齢制限が設定された動画はデフォルトで広告が表示されないため、収益化することはできません。

コンテンツに年齢制限を設けるかどうかを判断する際は、暴力、不快な描写、ヌード、性的なニュアンスを含むコンテンツ、危険な行為や不正な行為などが動画に含まれていないかどうかを検討する必要があります。詳しくは、ヘルプセンターで年齢制限についての記事をご覧ください。

なお、アップロードしたユーザーが自主的に年齢制限を設けた動画にも、引き続き YouTube のコミュニティ ガイドラインが適用されます。年齢制限を設定すべきであると YouTube が判断した動画は、ユーザーによって制限が設定されているか否かに関わらず、年齢制限が恒久的に設定されます。

広告として使用する動画には、このタイプの年齢制限を設定しないでください。その広告が永久に承認されなくなってしまいます。

動画に年齢制限を設定する方法

動画のアップロード時に年齢制限を追加する

  1. 動画を YouTube にアップロードします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [年齢制限] の下のチェックボックスをオンにします。

動画をアップロードした後に年齢制限を追加する

  1. [動画の管理] にアクセスします。
  2. 年齢制限を適用する動画の [編集] をクリックします。
  3. [年齢制限] の下のチェックボックスをオンにします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。