動画に年齢制限を設定する

すべての視聴者にふさわしいとはいえない動画には年齢制限を設定できます。このタイプの年齢制限はアップロードするユーザーが設けるものであり、YouTube が審査した結果として設定されるものではありません。

年齢制限付きの動画を見るには、視聴者が 18 歳以上で、ログインしている必要があります。こうした動画は YouTube の特定のセクションには表示されません。また、年齢制限が設定された動画はデフォルトで広告が表示されないため、収益化はできません。

コンテンツに年齢制限を設けるかどうかを判断する際は、次のような問題を考慮する必要があります。

  • 暴力
  • 不快感を与える映像
  • ヌード
  • 性的内容を示唆するコンテンツ
  • 危険な行為の描写

詳しくは年齢制限についての記事をご覧ください。

アップロードしたユーザーが自主的に年齢制限を設けた動画にも、引き続き YouTube のコミュニティ ガイドラインが適用されます。年齢制限を設けるべきであると YouTube が判断した動画は、年齢制限が恒久的に設定されます。これは、アップロードしたユーザーによって年齢制限が設定されている場合でも行われます。

広告としてアップロードする動画には、このタイプの年齢制限を設定しないでください。その広告が永久に承認されなくなってしまいます。

How to age-restrict your videos that are not appropriate for all audiences on YouTube

動画に年齢制限を設定する方法

動画のアップロード時に年齢制限を追加する

  1. アップロード アイコン を選択して、YouTube への動画のアップロードを開始します。
  2. 動画の詳細設定と情報を入力します。
  3. [詳細設定] タブで [その他の設定] ボックスを展開します。
  4. [年齢制限を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  5. 画面の指示に沿ってアップロード プロセスを完了します。

アップロード済みの動画に年齢制限を追加する

  1. YouTube Studio ベータ版の [動画] ページに移動します。
  2. 編集する動画のタイトルをクリックします。
  3. [詳細] タブをクリックします。
  4. [その他のオプション] で、[年齢制限を有効にする] の横にあるチェックボックスをオンにします。

従来のクリエイター ツールの場合

  1. [動画の管理] に移動します。
  2. 年齢制限を適用する動画の [編集] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [年齢制限] で、[年齢制限を有効にする] の横にあるチェックボックスをオンにします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。