申し立てを受けた楽曲を動画から削除する

動画が Content ID によってコンテンツ所有者の音楽と一致した場合は、動画を再生できる場所と方法、および動画の収益化の可否を制限される場合があります。

場合によっては、その曲を削除することで、その曲に付随する制限も削除できることがあります。多くの場合は、元の音声を残したまま削除できます。この機能は 6 時間未満の動画でのみ使用できます。

ただし、下記の方法で楽曲を削除した場合でも、第三者のコンテンツを動画に使用する際の責任は動画をアップロードした人にあります。楽曲の削除が不可能な動画の場合、[音声の消去] タブは表示されません。

次回のために使用できる音楽をお探しの場合は、著作権使用料無料の音楽を検索してダウンロードできる YouTube オーディオ ライブラリをご利用いただけます。

著作権侵害の申し立てを受けた動画からトラックを削除するには:

  1. ログインして [動画の管理] に移動します。
  2. 削除する楽曲を含む動画を探します。
  3. プルダウン メニューで [編集] > [音声] を選択します。
  4. 動画内の楽曲を削除できる場合は、画面の下部に [音声の消去] セクションが表示されます。削除する楽曲を選択して [消去] をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。曲の消去処理が終了したら、曲が正しく削除されたか確認します。

この操作によって削除されるのは申し立てを受けた音声のみで、その他の音声のレイヤは損なわれません。それが不可能な場合は、申し立てを受けた音声が聞こえる部分がミュートされます。

削除した曲を元に戻す

曲の削除を取り消すには:

  1. ログインして [動画の管理] に移動します。
  2. 削除する楽曲を含む動画を探します。
  3. プルダウン メニューで [編集] > [音声] を選択します。
  4. 画面右上の [最初の状態に戻す] をクリックします。
  5. [保存] をクリック

 

: 視聴回数が 10 万回を超えている場合、動画に変更を加えて保存することはできません。なお、この制限は、YouTube パートナー プログラムに参加しているユーザーには適用されません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。