配信に関するヒント

ネットワークに関するヒント
  • 配信の合計ビットレートは、アップロード帯域幅の利用可能な容量を超えることはできません。少し余裕を持たせましょう(20% の余地をおすすめします)。
  • 職場に高速ネットワーク接続があっても、そのネットワークを共有しているユーザーが 1,000 人いれば帯域幅に限界が生じます。
  • 速度のテストを実施しましょう。入力帯域幅(ダウンロード速度)は出力(アップロード)よりも大きい場合がよくあります。出力の接続が配信のビットレートを送信するのに十分かどうかを確認してください。プライマリ + バックアップ + 20% をおすすめします。
  • 信頼性のあるネットワークを使用しましょう。接続が不安定な場合、配信も途切れてしまいます。
エンコードに関するヒント
  • 2 時間以上前にライブイベント用にエンコーダを設定します。
  • イベントの開始予定の 15 分以上前にエンコーダを起動します。
  • [ストリーミングを開始] をクリックする前に、[ライブ管理画面] でプレビューを確認します。
  • エンコーダのフェイルオーバーをテストします(該当する場合)。プライマリ エンコーダを停止して(またはイーサネット ケーブルを外して)、プレーヤーがバックアップ エンコーダからの配信に切り替わることを確認します。
  • ローカル アーカイブ ファイルのすべてに問題がないかどうか確認します。ローカル アーカイブ ファイルのサイズが増えていくことを確認します。
  • チャンネル ページや動画再生ページからイベントにアクセスできることを確認します。
  • モバイル端末からイベントにアクセスできることを確認します(該当する場合)。
  • 配信の画質と音質、音声の同期、音声のレベルを継続してモニタリングします。
  • YouTube 上でイベントが停止した後、エンコーダを停止します。
ウェブカメラを使用する
  • ノートパソコンとウェブカメラを使用して配信できます。なお、機器の性能が良いほど、ライブ配信の品質も高くなります。
  • WirecastFlash Media Live Encoder(FMLE)、www.youtube.com/webcam のようなエンコード ソフトウェアを使用できます。
  • 質の高いイベントを作成するためには、プロ仕様のエンコーダの使用をおすすめします。
  • イベントを開始する前に、設定を十分に確認します。
安全にライブ配信する
  • コンテンツ: 配信するコンテンツの種類を把握しておきましょう。友だち、クラスメート、青少年の動画を撮影するときは、性的なものを暗示したり、暴力的であったり、危険なコンテンツになったりしないようにしてください。
  • 個人情報: ライブ配信やチャットで個人情報を共有する際には十分注意しましょう。チャンネルの管理者権限は信頼できるユーザーにのみ提供する必要があります。ライブ配信でのモデレーター権限の付与を YouTube が求めることはありません。
  • 制御: あなたや他のユーザーに不快感を与える不適切なコンテンツは報告し、そのユーザーはチャットからブロックしましょう。詳しくはチャットの管理についての記事をご覧ください。
  • プライバシー: YouTube には、自分が投稿したライブ配信を閲覧できるユーザーを制限できる機能があります。個人的なライブ配信を [非公開] または [限定公開] に設定することで、プライバシーを守りましょう。YouTube の利用を管理できるツールについては、YouTube のプライバシーとセキュリティの設定ページをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。