YouTube ライブ配信のトラブルシューティング

 

Our Classic live streaming tools are going away soon. You can try the new Live Control Room, which combines our classic desktop streaming tools with new and improved features. Learn more

YouTube ライブ配信で問題が発生している場合は、以下で紹介するトラブルシューティングのヒントを参考にしてください。以下のヒントの他にも、YouTube ヘルプ フォーラムに質問を投稿したり、既知の問題の一覧を確認したりしてみてください。

配信で報告されたエラーを確認する

ライブ配信での問題は、何人の視聴者がエラーを報告しているかで変わってきます。視聴者の数と報告されたエラーの数は、ライブ配信の統計情報で確認できます。

1 人の視聴者がエラーを報告している場合
  • この視聴者のパソコンやインターネット接続で問題が発生していることが考えられます。
  • 別の方法で視聴したり、別の接続先から視聴してみることを提案します。
  • エラーが発生するまでの操作手順を尋ね、自分の環境でも同じように実行して、エラーが発生するかどうかを確認します。
多くの視聴者(1 つのインターネット接続を共有)がエラーを報告している場合
  • 視聴者が共有しているネットワークで問題が発生していることが考えられます。
  • 視聴者にインターネット接続とネットワークの状態を確認してもらいます。1 つの接続で複数人が視聴するには、その数の配信を流せるだけの容量が必要になります。たとえば、10 人のユーザーが 10 本の配信を同時に視聴するには、10 倍の上り帯域幅が必要です。
  • エラーが発生するまでの操作手順を尋ね、自分の環境でも同じように実行して、エラーが発生するかどうかを確認します。
多くの視聴者(それぞれ別のインターネット接続からアクセス)がエラーを報告している場合
ライブ配信のエンコーダで問題が発生していることが考えられます。以下を参照して、さらにトラブルシューティングを行ってください。

エンコーダの動作を確認する

ライブ配信エンコーダとは、ライブ配信のキャプチャと圧縮に使用できるアプリ、プログラム、またはツールのことを言います。以下の手順に沿って、エンコーダの問題のトラブルシューティングを行ってください。

  1. 使用しているエンコーダ ソフトウェアが最新バージョンであることを確認します。最新バージョンでない場合は、エンコーダを最新バージョンに更新します。
  2. エンコーダで直接、映像と音声を確認します。
    • 映像や音声に乱れがある場合: エンコーダに入力されている音声や映像で品質の問題が発生している可能性があります。ライブ ダッシュボードでエンコーダのエラーを確認する、エンコーダの CPU 負荷を調べる、ローカルのアーカイブ ファイルに音声や映像の問題がないかをチェックする、などを試してみてください。どれも問題がない場合は、別のエンコーダを使うと解決することがあります。
    • 映像や音声に問題がない場合: 下りのインターネット接続で問題が発生している可能性があります。次の手順を試してみてください。
  3. インターネットの下り接続の強さを確認します。
    • インターネット接続をテストする: speedtest.net にアクセスしてインターネット接続の速度をテストします。
    • インターネット接続で問題が見つかった場合: インターネット サービス プロバイダにお問い合わせのうえ、トラブルシューティングを依頼してください。

バグを報告する

ライブ配信の問題を解決できない場合は、バグを報告して YouTube チームにお知らせください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。