エントリポイント(ストリーム)の再利用

 

従来のライブ配信ツールはまもなくサポート終了となります。従来のデスクトップ配信ツールに新機能や改善された機能が加わった新しいライブ管理画面をお試しください。詳細

 

以前にライブ配信を利用したことがある場合、新しい配信で以前の設定を簡単に再利用できます。

  1. youtube.com/livestreaming/stream にアクセスして、ライブ配信を作成します。
  2. 上部にある [ストリーム] をクリックします。
  3. 画面の表示に沿って、コピーしたい設定のライブ配信をクリックします。
  4. [設定を再利用] をクリックします。
今すぐ配信
youtube.com/live_dashboard の [エンコーダの設定] セクションには、再利用可能なエントリ ポイントが表示されます。エンコーダを 1 回設定したら、エンコーダを開始するだけで配信を開始できます。

ストリーム名やストリームキーを置換する必要がある場合は、[リセット] ボタンをクリックします。

イベント

[取り込み] の [再利用できるストリームキー] プルダウン メニューを使用し、再利用可能なカスタム取り込み設定を作成します。 これらの取り込み設定は、複数のイベントに対して繰り返し使用できます。

たとえば、"720p ゲーム" というストリームを 1 つ作成しておくと、このエントリ ポイントをすべての 720p ゲームイベントで使用できます。複数のエンコーダがある場合、「エンコーダ A、720p」というストリームを作成できます。これで、そのエンコーダで行うすべての 720p イベントにエントリ ポイントを使用できるようになります。

テストを行うには、同じソース ストリームに関連付けられたテスト ストリームとライブ配信を作成します。そうすれば、テストとライブ配信の間でエンコーダを再構成する必要がありません。

ただし、複数のエンコーダが同時に同じエントリ ポイントにエンコードする設定になっていないことを確認してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。