エントリポイント(ストリーム)の再利用

以前にライブ配信を利用したことがある場合、新しい配信で以前の設定を簡単に再利用できます。

  1. youtube.com/livestreaming/stream にアクセスして、ライブ ストリームを作成します。
  2. 一番上の [ストリーム] を選択します。
  3. 画面の表示に沿って、コピーしたい設定のライブ ストリームをクリックします。
  4. [設定を再利用] をクリックします。
今すぐ配信
youtube.com/live_dashboard の [エンコーダの設定] セクションには、再利用可能なエントリ ポイントが表示されます。エンコーダを 1 回設定したら、エンコーダを開始、停止するだけでストリーミングの開始と停止ができます。

ストリーム名やストリームキーを置換する必要がある場合は、[リセット] ボタンをクリックします。

イベント

[取り込み設定] の [再利用できるストリームキー] メニューを使用して、再利用できるカスタムの取り込み設定を作成します。 これらの取り込み設定は、複数のイベントに対して繰り返し使用できます。

たとえば、"720p ゲーム" というストリームを 1 つ作成しておくと、このエントリポイントをすべての 720p ゲームイベントで使用できます。または、複数のエンコーダがある場合は、"エンコーダ A、720p" というストリームを作成し、そのエンコーダで行うすべての 720p イベントに対してこれらのエントリポイントを使用できます。

テストを行うには、テストイベントと、同じソース ストリームに関連付けられたライブイベントを作成できます。そうすると、テストイベントとライブイベントのエンコーダ設定を変える必要がありません。

ただし、複数のエンコーダが同時に同じエントリポイントにエンコードする設定になっていないかだけは確認してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。