マルチカメラ イベントの設定

マルチカメラ オプションはイベントでのみ使用できます。

ライブイベントでは複数のカメラアングルを使用することもできます。視聴者に複数のアングルからライブ イベントを見てもらえるようにする場合に有益です。

カメラの追加

  1. 通常どおりにイベントを作成します。
  2. [取り込み設定] タブで [カメラを追加] をクリックします(6 台まで追加できます)。
  3. カメラに独自のサムネイルとタイトルを追加します。
    [メインカメラ] タブに戻ると、メインカメラのカスタムカメラ名を作成できます。
  4. [保存] をクリックします。
    **標準プレーヤーの場合、上部にサムネイル用の 50 ピクセルの領域が追加されます。ユーザーはこれを利用して各カメラに個別に移動できます。

マルチカメラ イベントの監視

イベント中は、ライブ管理画面からイベント全体や個々のカメラアングルの指標を監視できます。  カメラ別に指標を表示するには、[カメラのアングル] フィルタを使用します。

カメラを追加するたびに、実質的に新しいイベントが作成されます。このため、追加するカメラの台数に比例して、エンコード リソースとネットワーク リソースを増やす必要があります。たとえばカメラが 3 台の場合は、エンコーダと帯域幅を 3 倍にする必要があります。同じエンコーダで複数のカメラアングルをエンコードしないでください。 また、この場合も常にバックアップ ストリームを使用するよう強くおすすめします。
 
モバイル端末で視聴できるのはメインカメラの映像のみです。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。