著作権侵害の申し立てを撤回する

著作権者が著作権侵害の通知を送信した後に、コンテンツの誤認に気付いたり、考えが変わったりすることがあります。そのような場合は、著作権侵害の通知を送信した当事者本人であれば、何の問題もなく申し立てを撤回できます。

動画を削除した場合

著作権侵害の申し立ての対象となる動画を削除した場合は、撤回ページで申し立てを撤回できます。また、CVPCMS を使用して行った申し立てを撤回できるページもあります。なお、申し立てを撤回した後に、削除された動画に対し再度申し立てを行うことはできません。撤回を送信するには、著作権侵害の申し立てを行った Google アカウントにログインしてください。

著作権侵害の申し立てを撤回する際に Google アカウントをお持ちでない場合は、以下の情報を必ずお送りください。

  1. 撤回を表明する文言(「著作権侵害の申し立てを撤回します」など)
  2. 問題の動画の固有 URL 全体(例: www.youtube.com/watch?v=xxxxxxxxx など)
  3. 電子署名戸籍上の氏名を入力してください

撤回は、元の著作権侵害の申し立てを送信したときに使用したものと同じメールアドレスから copyright@youtube.com 宛てにお送りください。メールアドレスが異なる場合は、申し立ての撤回を引き受けられない場合があります。

自分の動画が削除された場合

著作権侵害の申し立ての対象となったクリエイターは、著作権者に直接連絡して撤回をリクエストできます。

ユーザーによってはチャンネル内での連絡方法を示しています。他のユーザーへの連絡方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

著作権侵害の申し立て撤回は、元の申し立てを送信したのと同じメールアドレスまたはドメインから送信された場合にのみ処理されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。