著作権を侵害したコンテンツに対する削除通知の送信

著作権で保護されているご自分の作品が無断で YouTube に掲載された場合は、著作権侵害の通知を送信できます。通知を送信する前に、フェアユース、フェア ディーリング、または同様の例外措置で保護されているかどうかを確認してください。こうした通知は、著作権者本人、またはその正式な代理人が送信する必要があります。

著作権侵害に基づく削除通知を送信する最も簡単な方法は、ウェブフォームを使用することです。この方法ではパソコンを使用することをおすすめします。

著作権侵害に関する申し立ての送信

 

無効になったコンテンツの代わりに、著作権者として入力した名前が YouTube で公開されます。ご自身に代わる有効な正式名(会社名または正式な代理人の名前など)を提示することもできます。YouTube による審査のうえ、適切だと判断された場合は、その名前が表示されます。著作権者の名前は、違反が疑われる作品の説明とともに、申請の記載事項として公的に記録されます。氏名、メールアドレスをはじめとする他のすべての情報は正式な削除通知に記載され、必要に応じてアップロードしたユーザーに提供されます。

著作権侵害による削除依頼を送信すると、法的手続きが開始されますのでご注意ください。

虚偽の申し立てはしないでください。この処理を不正使用すると、アカウントの停止や法的な結果を招くことがあります。

著作権で保護された多数のコンテンツを管理する場合は、このフォームを使用してご自身に最適な著作権管理ツールをご確認ください。また、YouTube ではメール、ファックス、郵便による自由形式での著作権侵害通知の提出も受け付けています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。