インターネット上で安全性を維持するためのおすすめの方法

フィッシング

フィッシングとは、他のユーザーからクレジットカード番号や公的な身分証明書番号、金融データなどの個人情報をだまし取る行為です。通常、犯人は入手した情報を使って、ユーザーの金銭や資産、ID を盗み出そうとします。

YouTube の担当者が、パスワードやメールアドレスなどのアカウント情報について尋ねることは決してありません。誰かが YouTube 社員を装って問い合わせてきても、だまされることのないようご注意ください。

 

スパムまたはフィッシングと思われる動画を YouTube で見つけた場合は、その動画をご報告ください。YouTube チームで確認いたします。

スパムとフィッシングについて詳しくは、National Cyber Security Alliance にアクセスしてください。

お使いの Google アカウントが不正使用されている可能性がある場合は、次のページをご覧ください。

アカウントのセキュリティ

YouTube では、保管している情報を不正なアクセスから保護するため、適切なセキュリティ対策を行っています。詳しくは、Google プライバシー ポリシーをご覧ください。

パスワードは各ユーザーの責任で管理してください。絶対に他の人に教えないよう、くれぐれも注意してください。

アカウントの安全を守る:

Google では、パソコン、ブラウザ、Gmail、Google アカウントを安全に使用するためのチェックリストをご用意いたしました。このチェックリスト全体を確認することをおすすめしますが、YouTube チャンネルの安全性を確保するためには、特に次の点にご注意ください。
  • 再設定用の電話番号と予備の安全なメールアドレスを Google アカウントに追加します。電話番号と安全なメールアドレスのいずれも設定していない場合は、セキュリティ保護用の質問の答えを知っている、または推測できる人がアカウントにアクセスできてしまいます。セキュリティ情報はこちらから更新できます。
  • 再設定用の情報を安全に保管し、最新に保ちます。
  • Google アカウントだけに使用する安全なパスワードを作成します(他のサイトと同じログイン名やパスワードを使用しないようにします)。安全なパスワードを作成するヒントをいくつかご紹介します。
    • パスワードは、8 文字以上のアルファベットと数字の組み合わせで作成する。よく使われる単語を含めないようにする。
    • 語句や頭字語を構成する文字の間に、適宜数字を挿入する。
    • 記号を含める。
    • 大文字と小文字を組み合わせる。
    • 他のアカウントと同じパスワードを使用しない。
    • 会社または組織用にアカウントが設定されている場合は、従業員が退職したときにパスワードと再設定情報を確認して更新する。

お使いのアカウントが不正使用されたと思われる場合は、こちらから報告することができます。

詳しくは、Google を騙る詐欺を回避して報告する方法をご覧ください。

Google セーフティ センター

Google やウェブ上に存在する自分のデータについて理解を深めましょう。データを管理し、安全にインターネットを利用するためのアドバイスとヒントをご紹介します。

Google デジタル利用の心得カリキュラム

中高校生と教師を対象とした対話型のわかりやすいカリキュラムです。プライバシーポリシーや、サイバー社会の市民として責任ある行動を取る方法について、一連の簡潔なレッスンで学習します。

Google セーフティ センター

オンラインで家族の安全を守るためのヒントとアドバイスをご紹介します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。