未成年者の安全に役立つツール

未成年者も YouTube コミュニティを構成する重要なユーザーです。未成年者の方は、こちらで紹介するツールとヒントを使用して YouTube を安全に使用してください。Google アカウントを設定するには、お住まいの国の年齢条件を満たす必要があります。

教師または保護者の方は、保護者向けリソース教育機関向けリソースをご覧ください。インターネットのセキュリティについて詳しくは、ご家族の安全を守るために役立つ Google からのヒントをご覧ください。

  • 撮影するコンテンツの種類を知っておく。 友だち、クラスメート、他の未成年者の動画を撮影するときは、性的なものを暗示したり、暴力的であったり、危険なコンテンツにならないようにしましょう。
  • もう一度よく考えてみる。 自分が撮影または投稿している内容は、祖父母、上司、将来の雇用主、両親、将来の結婚相手やその両親に見てもらいたいものですか。そうでない場合は、コンテンツを投稿するのはやめておいたほうがいいでしょう。一度動画を投稿してしまったら、誰がその動画を視聴するかわかりません。動画がコピーされたり再投稿されたりすれば、すべてを削除することは不可能になります。
  • 危険な投稿や不愉快なコンテンツは避ける。 誰かにお願いされたからといって、簡単に何かを投稿することはやめましょう。また、ネット上の知り合いと実際に会う前には、必ず信頼できる大人に相談しましょう。
  • YouTube のプライバシー管理機能を使用する。 YouTube には、自分が投稿した動画を閲覧できるユーザーを制限できる機能があります。個人の動画は [プライベート] または [限定公開] に設定してプライバシーを守りましょう。 YouTube の利用を管理できるツールについては、YouTube のプライバシーとセキュリティの設定ページをご覧ください。
嫌がらせ、脅迫、なりすまし、いじめを報告するには、YouTube の報告ツールを使用してください。不適切なコンテンツを含む動画を見つけた場合は、問題の動画を報告してください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。