年齢制限のあるコンテンツ

YouTube のポリシーに違反していなくても、すべての視聴者にふさわしいとはいえないコンテンツもあります。このようなコンテンツに関する報告を受けた時点で、YouTube の審査チームにより動画に対して年齢制限が設けられたり、サムネイルが削除されたりします。

年齢制限付き動画は、ログインしていないユーザー、18 歳未満のユーザー、制限付きモードを有効にしているユーザーには表示されません。

年齢制限が設けられる条件

年齢制限が設けられる対象となるのは次のようなコンテンツです。

YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、年齢制限の再審査請求を行うことができます。

収益化と年齢制限

収益化を有効にする場合は、必ずポリシーを確認してください。年齢制限が設定された動画では収益化が無効になり、YouTube の特定のセクションに表示されなくなります。また、年齢制限付きの動画は広告掲載の対象にもなりません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。