その他の報告方法

通常の報告手順では動画に関する問題が正確に伝わらない場合は、他の方法で報告することができます。

報告ツール

フラグ機能は、YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反していると思われる動画を報告できる便利なツールですが、複数のコンテンツを報告する必要がある場合や、より詳細な報告を提出して調査を求めたい場合は不便なこともあります。そうした場合はレポート ツールを使用すると、ユーザーのコメントや動画をハイライトして、問題についてより詳細な情報を提供できます。また、嫌がらせ行為を受けていると思われる場合は、このツールを使用してコンテンツを報告するのが最善策といえます。

YouTube の報告ツールを使用して不正行為をご報告ください。

プライバシーに関する報告

プライバシー侵害の申し立てを行うには、プライバシー侵害の申し立て手続きを開始します。この手続きでは、ユーザーのプライバシーが常に尊重されます。

法的な問題を報告する

自分自身やクライアントのために法的な問題を報告する場合は、法的問題のウェブフォームから YouTube にご連絡いただけます。申し立てに迅速に対応できるよう、申し立てはファックスや郵便ではなく、YouTube のウェブフォームから送信することをおすすめします。

法的フォームを不正使用すると、YouTube アカウントが停止される場合があります。

死亡や重傷の様子

死亡や重傷を負ったときの様子が撮影された動画については、YouTube はご家族の希望を尊重しています。ご家族の死亡または重傷の瞬間を映したコンテンツを特定し、そのコンテンツの削除を希望する場合は、ウェブフォームを使用して YouTube にご連絡ください。ご要望はそれぞれ慎重に検討し、公共の利益とニュースとしての価値も考慮した上で、コンテンツを削除すべきかどうかを判断いたします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。