暴力的で生々しいコンテンツに関するポリシー

視聴者に衝撃や不快感を与えることを目的とする暴力的または残虐なコンテンツ、もしくは他のユーザーに暴力行為を促すコンテンツは、YouTube で許可されていません。

誰かに危険が差し迫っていると思われる場合は、すぐに最寄りの法執行機関に通報してください。

このポリシーに違反するコンテンツを見つけた場合はご報告ください。コミュニティ ガイドラインへの違反を報告する手順はこちらでご確認いただけます。報告すべきと思われる動画、コメント、チャンネルを複数見つけた場合は、報告ツールにアクセスして詳しい内容を送信できます。

クリエイターへの影響

コンテンツを投稿する場合

下記の説明のいずれかに該当するコンテンツは、YouTube に投稿しないでください。

  • 個人または特定のグループの人々に対する暴力行為を扇動する
  • 未成年者が関わるけんか
  • 交通事故、自然災害、戦争直後の状況、テロ攻撃直後の状況、路上でのけんか、暴行、性的暴行、侮辱、拷問、死体、抗議行動や暴動、強盗、医療行為などを含み、視聴者に衝撃や不快感を与えることを目的とする映像、音声、画像
  • 視聴者に衝撃や不快感を与える目的で、血液や嘔吐物などの体液を描写した映像または画像
  • 不必要な苦痛や危害を故意に与え、動物の苦痛を引き起こすコンテンツ
  • 人間が動物同士の戦いをけしかけたり、強制したりするコンテンツ
  • 上記に該当するコンテンツを脚色した(または架空の)映像で、それが脚色されているのか(あるいは架空なのか)を判断できる十分な情報が視聴者に提供されていないもの

なお、このリストがすべてを網羅しているわけではありません。

年齢制限のあるコンテンツ

コンテンツに上記のいずれかが含まれていても、詳しいコンテキストが説明されている場合、YouTube はコンテンツを削除するのではなく、年齢制限を適用することがあります。たとえば、重大交通事故による被害者のけがを映すコンテンツは削除される可能性がありますが、状況や背景を説明するニュース報道で表示される場合は、同じコンテンツでも年齢制限付きで許可されることがあります。詳しくはコンテキストの重要性についての記事をご覧ください。

コンテンツに年齢制限を設けるか、コンテンツを削除するかを決定する際には、次の点を考慮します。なお、このリストがすべてを網羅しているわけではありません。

  • 暴力や残虐行為の画像が動画の中心であるかどうか
  • タイトル、説明、タグなどのデータで、視聴者に衝撃や不快感を与える意図が示されているかどうか
  • 暴力的な画像や音声がぼかしやモザイクで処理されているかどうか
  • コンテンツに含まれる暴力的な画像や音声の時間の長さ
  • 画像が脚色されたものか架空のものであることを動画、タイトル、説明に明記するなど、視聴者に知らせるコンテキストがあるかどうか
  • 暴力が宗教的または文化的行為の一部であり、視聴者にそのコンテキストが提示されているかどうか

このポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • 特定の場所に行って暴力を振るったり、特定の時間に暴力行為を犯したり、個人や団体を暴力の対象としたりするよう他人を促すもの
  • スマートフォン、ドライブ レコーダー、CCTV の映像で、「大事故」や「警告: 大量の血」などのタイトルを付けて、交通事故でけがをした人や死亡した人を表示するもの

これらはほんの一例です。このポリシーに違反する可能性があると思われる場合はコンテンツを投稿しないでください。

その他の例

  • 未成年者同士による学校での実際のけんか。ただし、未成年者がプロレスごっこをしているだけで、それが視聴者にも明らかであれば、コンテンツが許可されることがあります。
  • 開いた傷口が中心の内容で、視聴者に説明や知識を提供していない医療処置の映像。
  • プロやプロが管理するスポーツ イベントとまったく関係ない殴打や乱闘。
  • 闘犬、闘鶏、バグファイトなど、人間の見物人が動物同士を攻撃させる動画。自然ドキュメンタリーのように、野生動物の戦いを特集したコンテンツは許可されます。
  • 強盗や暴行を行うなどの暴力的な犯罪の映像で、視聴者に説明や知識を提供していないもの。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。投稿したコンテンツが初めてコミュニティ ガイドラインに違反した場合は、警告を受けるだけで、チャンネルが罰せられることはありません。2 回目以降の場合はチャンネルに対して違反警告が発行されます。違反警告を 3 回受けると、チャンネルは停止されます。違反警告システムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。