@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

暴力的で生々しいコンテンツに関するポリシー


 
クリエイター、視聴者、パートナーの皆様の安全は YouTube の最優先事項です。皆様お一人お一人のご協力なくして、このユニークで活気に満ちたコミュニティを守ることはできません。コミュニティ ガイドラインと、YouTube の安全性を維持するという共通の責任においてガイドラインが果たしている役割をご理解いただきたいと思っております。以下のポリシーをよくお読みくださいますようお願いいたします。また、ガイドラインの全一覧はこちらのページでご確認いただけます。

視聴者に衝撃や不快感を与えることを目的とする暴力的または残虐なコンテンツ、もしくは他のユーザーに暴力行為を促すコンテンツは、YouTube で許可されていません。

誰かに危険が差し迫っていると思われる場合は、すぐに最寄りの法執行機関に通報してください。

このポリシーに違反するコンテンツを見つけた場合はご報告ください。コミュニティ ガイドラインへの違反を報告する手順はこちらでご確認いただけます。報告する動画やコメントがいくつかある場合は、そのチャンネルを報告してください。

ポリシーによる影響

コンテンツを投稿する場合

下記の説明のいずれかに該当するコンテンツは、YouTube に投稿しないでください。

暴力的で生々しいコンテンツ:

  • 個人または特定のグループの人々に対する暴力行為を扇動するもの。
  • 未成年者が関わるけんか。
  • 交通事故、自然災害、戦争直後の状況、テロ攻撃直後の状況、路上でのけんか、暴行、侮辱、拷問、死体、抗議行動や暴動、強盗、医療行為などを含み、視聴者に衝撃や不快感を与えることを目的とする映像、音声、画像。
  • 視聴者に衝撃や不快感を与える目的で、血液や嘔吐物などの体液を描写した映像または画像。
  • 手足の切断などの大怪我を負った死体の映像。

動物虐待のコンテンツ:

  • 人間が動物同士の戦いをけしかけたり、強制したりするコンテンツ。
  • 狩猟や食材にするといった伝統的または一般的な目的ではなく、動物に悪意をもって苦痛を与えている人物を含むコンテンツ。
  • 準備された危ない状況にわざと動物を置いて救助するコンテンツ。

ドラマ化された(または架空の)コンテンツ:

  • このガイドラインで禁止されているコンテンツをドラマ化した(または架空の)映像で、それがドラマ化されている(または架空である)ことがわかる十分な情報が視聴者に提供されていないもの。

教育、ドキュメンタリー、科学、芸術のコンテキストが提供されていても、次のような種類のコンテンツは許可されません。

  • 暴力的で身体的な性的暴行(動画、静止画像、音声)。
  • 他者の命を脅かす暴力行為や深刻な暴力行為を加害者が撮影した映像で、凶器、暴力行為、怪我を負った被害者が映っていたりそのような音が聞こえたりするもの。

なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

このポリシーは、動画、動画の説明、サムネイル、コメント、ライブ配信、またはその他の YouTube のサービスや機能にも適用されることにご注意ください。また、コンテンツ内の外部リンクにもこれらのポリシーが適用されます。これには、クリック可能な URL、動画内で口頭により外部サイトに誘導するなどの形式が含まれます。

教育的コンテンツ
場合によっては、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術のコンテンツの中で、上記のような暴力的で生々しい種類のコンテンツが許可されることもあります。ただし、衝撃や不快感を与えることや、他のユーザーに暴力行為を促すことを意図したコンテンツを自由にアップロードできることにはなりません。YouTube では、暴力的で身体的な性的暴行の映像など、特定の種類のコンテンツについてはこのような例外を設けていません。上記のような暴力的で生々しい種類のコンテンツを含む教育コンテンツの場合は、そのコンテキストを動画内の画像や音声で示す必要があります。タイトルや説明に記載するだけでは不十分です。
年齢制限のあるコンテンツ

暴力的で生々しいコンテンツで詳しいコンテキストが説明されている場合、YouTube はコンテンツを削除するのではなく、年齢制限を適用することがあります。たとえば、交通事故による被害者のけがを映すコンテンツは削除される可能性がありますが、状況や背景を説明するニュース報道で表示される場合は、同じコンテンツでも年齢制限付きで許可されることがあります。暴力的で生々しいコンテンツを教育的に使用する場合は、そのコンテキストを動画内の画像や音声で示す必要があります。コンテキストの重要性について詳しくは、こちらをご覧ください。

コンテンツを削除または年齢制限の対象とするべきか否かを判断するにあたり、YouTube では公共の利益も考慮しています。たとえば、交戦地帯を記録した生々しく暴力的なコンテンツに対して年齢制限を設けることがあります。

架空の暴力描写の中に、バラバラになった、または切断された人体などの生々しいシーンが含まれている場合や、このような大怪我を負った死体が映されている場合も、年齢制限が適用されることがあります。一般に、コンテンツやメタデータによって架空のコンテンツであることがわかる場合や、アニメーション コンテンツやビデオゲームのように架空であることが自明のコンテンツの場合は、話の流れから必要とされる暴力描写であれば許可されます。

コンテンツに年齢制限を設けるか、コンテンツを削除するかを決定する際には、次の点を考慮します。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

  • 映画やビデオゲームの中で最も刺激の強い暴力シーンのみが強調されているなど、暴力や残虐行為の画像を中心とする動画であるかどうか。
  • タイトル、説明、タグなどのデータで、視聴者に衝撃や不快感を与える意図が示されているかどうか。
  • 暴力的な画像や音声がぼかしやモザイクで処理されているかどうか。
  • コンテンツに含まれる暴力的な画像や音声の時間の長さ。
  • 画像がドラマ化されたものか架空のものであることを動画、タイトル、説明に明記するなど、視聴者に知らせるコンテキストがあるかどうか。
  • 暴力が宗教的または文化的行為の一部であり、視聴者にそのコンテキストが提示されているかどうか。
  • コンテンツが、狩猟、宗教的慣習、食材にするといった目的での動物の殺害を描写したものであるかどうか。
  • 動物に苦痛を与えている人物を示すコンテンツが、その行為を暴露する手段としてアップロードされているかどうか。

このポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • 特定の場所に行って暴力を振るったり、特定の時間に暴力行為を犯したり、特定の個人や団体に危害を加えたりするよう扇動するもの。
  • 未成年者同士による学校での実際のけんか。ただし、未成年者がプロレスごっこをしているだけで、それが視聴者にも明らかであれば、コンテンツが許可されることがあります。
  • プロやプロが管理するスポーツ イベントとまったく関係ない殴打や乱闘。

その他の例

暴力的で生々しいコンテンツ
次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。このリストがすべてを網羅しているわけではありません。
  • 開いた傷口が中心の内容で、視聴者に説明や知識を提供していない医療処置の映像。
  • 犯罪の映像(暴力的な強盗など)で、視聴者に教育的意図や説明を提供していないもの。
  • スマートフォン、ドライブ レコーダー、CCTV の映像で、「大事故」や「警告: 大量の血」などのタイトルを付けて、交通事故でけがをした人や死亡した人を表示するもの。
  • 斬首の動画。
  • 「ボコボコにされる男性に注目」などのタイトルを付けた一方的な暴行。
動物虐待のコンテンツ
動物虐待のコンテンツとは、動物に対して悪意をもって肉体的危害を加え、苦痛を与える行為の描写を指します。動物の個体または集団に危害を加えるものであっても、狩猟、罠、害虫駆除、食材準備、医学的処置、屠殺など、一般に認められている行為を描写するコンテンツについては例外を設けることがあります。

YouTube で許可されていないコンテンツの例としては、他に次のようなものがあります。

  • 闘犬や闘鶏など、人間の見物人が動物同士を強制的に闘わせる動画。自然ドキュメンタリーのように、野生動物の戦いを特集したコンテンツは許可されます。  
  • 衝撃や不快感を与えるために動物の苦痛を描写した、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術に該当しないコンテンツ。
  • 傷づいた牛を映した闘牛の映像(例: 牛に剣が刺さっている映像など)。
  • 爆弾や毒薬などの違法な方法による狩猟。
なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

これらはほんの一例です。このポリシーに違反する可能性があると思われる場合はコンテンツを投稿しないでください。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。初めてのコミュニティ ガイドライン違反の場合、事前警告を受けるだけで、チャンネルに罰則が適用されることはあまりありません。2 回目以降の場合は、チャンネルに対して違反警告が発行されることがあります。90 日以内に違反警告を 3 回受けると、そのチャンネルは停止されます。違反警告システムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

コミュニティ ガイドラインまたは利用規約に違反する行為を繰り返し行った場合、チャンネルやアカウントが停止されることがあります。また、悪質な嫌がらせ行為が一度でも行われた場合や、ポリシー違反をチャンネルの主な活動としている場合も、チャンネルまたはアカウントが停止される可能性があります。チャンネルまたはアカウントの停止について、詳細をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false