スパム、欺瞞行為、詐欺に関するポリシー


 

 

2019 年 7 月 2 日更新: このポリシーに違反するコンテンツの例を追加しました。ポリシーに変更はありません。

 

YouTube コミュニティを悪用する迷惑メールや詐欺などの欺瞞行為は、YouTube で許可されていません。また、ユーザーを欺いて YouTube から別のサイトに移動させることを主な目的とするコンテンツも許可されません。

このポリシーに違反するコンテンツを見つけた場合はご報告ください。コミュニティ ガイドラインへの違反を報告する手順はこちらでご確認いただけます。報告すべきと思われる動画、コメント、クリエイターのチャンネルを複数見つけた場合は、報告ツールにアクセスしてください。

クリエイターへの影響

コンテンツを投稿する場合

下記の説明のいずれかに該当するコンテンツは、YouTube に投稿しないでください。

  • 動画スパム: 何度も投稿される、繰り返しが多い、あるいは不特定多数に向けたコンテンツで、次のうち 1 つ以上のことを行うもの。
    • ユーザーに何かを見せると約束しておいて別のサイトに誘導する。
    • すぐにお金を稼げるとユーザーに約束して、YouTube のクリック数、視聴回数、トラフィックを獲得する。
    • 不正なソフトウェアを拡散させるサイトや個人情報を収集しようとするサイトなど、悪影響を及ぼすサイトにユーザーを誘導する。
  • 誤解を招くメタデータやサムネイル: タイトル、サムネイル、説明、タグを使用して、コンテンツが別のものであるかのように見せかける。
  • 不正なプラットフォーム: ユーザーに対して詐欺行為を行っていると思われるプラットフォームの宣伝または利用の促進。
  • 詐欺: 現金のプレゼントを提供するコンテンツや、「一攫千金」スキームまたはねずみ講(ピラミッド型構造で物品を伴わない金銭のやり取りを行うこと)に勧誘するコンテンツ。
  • 投票妨害: 投票の時間、場所、方法、資格要件について有権者を誤解させることを目的としたコンテンツ。
  • インセンティブ スパム: 視聴回数、高評価、コメントなど YouTube のエンゲージメント指標を販売するコンテンツ。これには、チャンネル登録者数や視聴回数などの指標を増やすことだけを目的とするコンテンツ(「sub4sub」コンテンツなど)も含まれます。
  • コメントスパム: ユーザーから個人情報を収集すること、ユーザーを欺いて YouTube から別のサイトに移動させること、または前述の禁止されている行為の実行だけを目的とするコメント。
  • コメントの繰り返し: 同じコメントを不特定多数に向けて何度も繰り返し投稿すること。
  • 一致するライブ配信: 最初に他のユーザーが YouTube に提供したコンテンツと同じ内容と思われるライブ配信のコンテンツ。

このポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。なお、このリストがすべてを網羅しているわけではありません。

: チャンネル登録する、高評価ボタンを押す、共有する、コメントを投稿するなどの行為を視聴者に促すことは許可されています。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • 誤った投票方法(特定の電話番号にメッセージを送信するなど)をユーザーに伝えたり、50 歳以上の有権者しか投票できないなどと資格要件を偽ったり、誤った投票日を故意にユーザーに伝えたりする。
  • ユーザーに対して詐欺行為(高い価値を持つ商品を不当に低い価格で提供するなど)を行っていると思われるウェブサイトを宣伝する。

その他の例

動画スパム

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

  • ユーザーに何かを見せると約束しておいて、それを見せるために別のサイトに誘導する。
  • 同じコンテンツを 1 つ以上のチャンネルに繰り返し投稿する。
  • 他のユーザーから無断で複製したコンテンツを大量にアップロードする。
  • ユーザーに不正なソフトウェアをインストールさせようとする、またはプライバシーを侵害する可能性のあるサイトにユーザーを誘導する。
  • 品質やユーザー エクスペリエンスを考慮しないで、すぐ投稿するためにパソコンで自動生成したコンテンツ。
  • ユーザーがソフトウェアをインストールしたり、アプリをダウンロードしたり、その他のタスクを実行したりする見返りとして、金銭、製品、ソフトウェアやゲーム特典の無償提供を約束する。

誤解を招くメタデータまたはサムネイル

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。
  • アップロード時にタグとして配置するのではなく、動画の説明にタグを過度に配置する(「タグの詰め込み」)。
  • コンテンツとは無関係の有名人の写真をサムネイルに使う。

詐欺

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。
  • すぐに金持ちになれる、奇跡の治療で癌などの慢性疾患を治せるなどの誇大宣伝。
  • 現金のプレゼント、またはその他のねずみ講の宣伝。
  • マルチ商法への勧誘を目的としたアカウントの使用。
  • 「この計画で明日までに 500 万円稼げます」などの約束をする動画。

インセンティブ スパム

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。
  • ユーザーにチャンネル登録を促すことを目的とした動画。
  • 相互登録を呼びかける動画。
  • 「高評価」を販売する動画。
  • 10 万人目のチャンネル登録者にチャンネルを与えることを持ちかけるだけで、それ以外のコンテンツを含んでいない動画。

コメントスパム

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。
  • ねずみ講の宣伝のためのアンケートやプレゼントに関するコメント。
  • クリック課金型広告の参照リンクを含んだコメント。
  • 動画(映画、テレビ番組、コンサート)の全コンテンツを視聴できるという虚偽の主張をしているコメント。
  • 不正なソフトウェアやフィッシング サイトへのリンクを含むコメント(「[xyz フィッシング サイト].com で大金をゲット!」など)。
  • 虚偽のショップへのリンクを含んだコメント。
  • 「こちらのチャンネル / 動画もチェックしてね」などのコメントで、投稿された動画とは無関係のチャンネル / 動画に誘導すること。
  • 自分のチャンネルへのリンクを含む同じコメントを繰り返し投稿すること。

一致するライブ配信

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。
  • 自身で制作していないコンテンツを許可なく配信すること。次のようなコンテンツが該当します。
    • スポーツ イベント
    • キャラクター アニメ、子供向けアニメ
    • ニュース番組

これらはほんの一例です。このポリシーに違反する可能性があると思われる場合はコンテンツを投稿しないでください。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。投稿したコンテンツが初めてコミュニティ ガイドラインに違反した場合は、警告を受けるだけで、チャンネルが罰せられることはありません。2 回目以降の場合はチャンネルに対して違反警告が発行されます。違反警告を 3 回受けると、チャンネルは停止されます。違反警告システムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

クリエイター アカデミーのご紹介

クリエイター アカデミーで、動画やクイズを通してこのポリシーを学ぶこともできます。詳しくは、クリエイター アカデミーのコースをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。