トピック別の自動生成チャンネル

YouTube によって自動生成された、人気が急上昇している動画を広くまとめたチャンネルがあります。ユーザーが作成したチャンネルと同様に、このようなチャンネルでもチャンネル登録して新着動画の最新情報を受け取ることができます。

このようなチャンネルでは、自動生成されたチャンネルであることが [概要] セクションに記載されています。また、チャンネル名には「サーフィン - トピック」のように必ず「トピック」が付きます。

チャンネルが YouTube の検索システムで上位に表示されるようにするための方法を学びましょう。

トピック チャンネルに関するよくある質問

YouTube が自動生成チャンネルの作成を判断する時期

注目に値するトピックが YouTube によって認識されると、自動生成チャンネルが作成されます。あるトピックに関する自動生成チャンネルがない場合、次のような理由が考えられます。

  • そのトピックに関する動画の数が少ない。
  • そのトピックの動画の視聴回数が少ない。
  • そのトピックの動画が YouTube の品質基準を満たしていない。
YouTube がチャンネルを自動生成する方法

動画の中心となるトピックが YouTube のアルゴリズムによって判別され、その情報を利用して特定のトピックに関する動画のコレクションが作成されます。このようにして生成されたチャンネルは、YouTube の編集上の見解を表すものではありません。

自動生成チャンネルに自分のチャンネルや動画を掲載してもらうには

動画を発見してもらいやすくするための一般的なおすすめの方法(良いタイトルと説明を付けること)に沿っていただく以外は何もする必要はありません。クリエイター アカデミーで、チャンネルやコンテンツの認知度を高める方法をご確認ください。

重要なのはタグの数ではなく、タグの質を高めることです。どのような場合もそうですが、ユーザーの誤解を招くような動画情報は YouTube コミュニティ ガイドラインへの違反となります。

このページと検索結果ページの違い

自動生成チャンネルには、1 つのテーマに関する動画が集められます。1 つのキーワードに対して複数の解釈(たとえば「Chicago」なら、都市、ミュージカル、映画、バンド名)ができる場合は、そのうち 1 つの解釈を反映したチャンネルが生成されます。同じキーワードのチャンネルが複数ある場合もあります。また、自動生成チャンネルでは次のようなこともできます。

  • チャンネル登録をして、自分の YouTube フィードでそのトピックに関する最新情報を定期的に受け取ることができます。
  • そのトピックに関する他のチャンネルを探せます。
  • そのトピックに関して、Wikipedia などのソースからの背景情報も表示されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。