YouTube の広告フォーマット

動画の収益化を有効にした後、動画の途中や横に表示される広告にはいくつかの種類があります。

以下の表には、YouTube Studio で設定できる広告オプションが記載されています。YouTube Studio では、動画の前、後、または途中での広告掲載をコントロールできます。

動画広告のフォーマット 説明 プラットフォーム 仕様
スキップ可能な動画広告

広告が 5 秒間再生された後、視聴者は広告をスキップできます。 PC、モバイル デバイス、テレビ、ゲーム機 動画プレーヤー内で再生(5 秒後にスキップ可能)。

スキップ不可の動画広告

スキップ不可の動画広告は、最後まで見ないと動画を視聴することができません。  PC、モバイル デバイス、テレビ、ゲーム機

動画プレーヤー内で再生

地域の標準に応じて 15 秒または 20 秒

バンパー広告

最長 6 秒のスキップ不可の短い動画広告で、最後まで再生しないと動画を視聴することができません。スキップ可能広告またはスキップ不可広告を有効にしている場合、バンパー広告も有効になります。 PC、モバイル デバイス、テレビ、ゲーム機 動画プレーヤー内で再生、最長 6 秒

オーバーレイ広告

オーバーレイの画像広告またはテキスト広告が、動画の再生画面の下部 20% に表示されます。 パソコンのみ サイズは 468×60 または 728×90 ピクセル
ミッドロール挿入点の管理について詳しくは、長い動画のミッドロール挿入点を管理するをご覧ください。

デフォルトの広告設定

チャンネルでデフォルトの動画広告設定を行うには、ヘルプセンターのデフォルトの広告フォーマットを設定するをご覧ください。

動画プレーヤーの外部の広告

動画再生フィード広告(ディスプレイ広告を含む)は、おすすめ動画のフィード(モバイルでは動画プレーヤーの下、パソコンでは動画プレーヤーの横)に表示される広告です。これらの種類の広告は、YouTube Studio でコントロールすることはできません。

連続して表示される広告

動画でスキップ可能広告またはスキップ不可広告を有効にしている場合、2 つの動画広告が連続して表示されることがあります(とも呼ばれます)。この種類の広告フォーマットは、上記の表に記載されたプラットフォームで、動画の長さが 5 分以上の長編動画コンテンツにのみ表示されます。

広告が連続で配信される場合、広告による中断が減るため、視聴者は長い動画をより快適に視聴できるようになります。

短い動画における広告

非常に短い動画では、動画広告が掲載される頻度が低くなる場合があります。こうすることにより、視聴者のエンゲージメントが全体的に増加するうえ、YouTube における視聴者によるセッション 1 回あたりの総収益も向上します。

動画に表示される広告フォーマットを選択する際のヒントをご紹介します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。