スキップ不可の動画広告

スキップ不可の動画広告とは

スキップ不可の動画広告とは、パートナー コンテンツの再生前(プレロール)、再生途中(ミッドロール)、再生終了後(ポストロール)のいずれかに表示される動画広告です。2018 年 1 月以降、パソコンやモバイル デバイスでのこうした広告の再生時間は最大 15~20 秒となりました(視聴者の現在地によって異なります)。視聴者が選択した動画は、広告の再生が終わるまで再生されません。パソコンの場合、スキップ不可の動画広告を表示する YouTube 動画の横に、300×60 ピクセルの小さい広告も表示されることがあります。

動画広告はインプレッション単価制で、YouTube の他の広告フォーマットと比べてインプレッション単価が高くなる傾向があります。

スキップ不可の動画広告が表示されるタイミング

YouTube では、コンテンツの種類やユーザーが動画を見つけた経路などのさまざまな情報を基に、動画広告を配信する最適なタイミングを判断します。コンテンツに表示するスキップ不可の動画広告がない場合は、他の広告フォーマットを使用します。

YouTube では、適切な広告を、適切なユーザーに、適切なタイミングで表示できるよう取り組んでいます。スキップ不可の動画広告をユーザーに表示する最適なタイミングは、さまざまな情報に基づいて決定されます。他の広告フォーマットを表示することでユーザー エクスペリエンスが向上するとシステムが判断した場合は、その広告フォーマットが使用されます。

スキップ不可のインストリーム広告と、TrueView インストリーム広告の違い

スキップ不可の動画広告が動画に先立って表示される場合、視聴者は動画が再生される前に広告を最後まで見る必要があります。TrueView インストリーム広告では、ユーザーは広告を 5 秒間視聴した後、スキップするかそのまま最後まで視聴するか選択できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。