検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

制限付きモードを有効または無効にする

制限付きモードは、自分が見たくない、または家族に見せたくない成人向けの可能性のあるコンテンツが表示されないようにするためのオプション設定です。

YouTube では、動画のタイトル、説明、メタデータ、コミュニティ ガイドラインによる審査、年齢制限などのさまざまな情報を使用して成人向けの可能性のあるコンテンツを特定し除外しています。制限付きモードはすべての言語で利用できますが、文化的相違によって制限付きモードの精度は言語ごとに異なる場合があります。

制限付きモードをオンまたはオフにする

図書館や大学、その他の公共施設にあるパソコンは、システム管理者が制限付きモードを有効にしている可能性があります。公共のパソコンを利用しているときに制限付きモードを無効にできない場合は、システム管理者にご相談ください。

準備: 制限付きモードは特定のブラウザや端末に対して有効になるため、使用するブラウザごとに有効にしておく必要があります。複数のプロフィールをサポートするブラウザでは、プロフィールごとに有効にする必要があります。 そのブラウザを使用するすべての人に対し制限モードをオンにしておきたい場合は、制限モードをロックすることができます。

制限付きモードをオンまたはオフにする

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. YouTube ページの一番下までスクロールして、[制限付きモード] プルダウン メニューをクリックします。
  3. [オン] または [オフ] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

 

制限付きモードを一度有効にすると、ログインしているかどうかにかかわらずオンのままになります。また、別のユーザーが別の YouTube アカウントでログインした場合でもオンのままになります。制限付きモードをオンにしたアカウントをログアウトして、パソコンの他のユーザーが設定を変更できないようにしてください。

制限付きモードをロックまたはロック解除する

制限付きモードをロックする

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. YouTube ページの一番下までスクロールして、[制限付きモード] プルダウン メニューをクリックします。
  3. [このブラウザの制限付きモードをロック] を選択します。
  4. 入力を求められたら、アカウントのパスワードを入力します。

制限付きモードのロックを解除する

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. YouTube ページの一番下までスクロールして、[このブラウザの制限付きモードのロックを解除] をクリックします。
  3. 入力を求められたら、ユーザー名とパスワードを入力します。
  4. ページの一番下までスクロールして、[オフ] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
 

制限付きモードをオフにしようとしてもオンのままになる

ユーザー名とパスワードを入力しても制限付きモードがオンのままになる場合は、システム管理者に詳細をお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。