検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

アップロードする動画の推奨エンコード設定

YouTube にアップロードする動画の推奨エンコード設定は次のとおりです。

コンテナ: MP4
  • 編集リストは含めません(編集リストがあると、動画が正しく処理されないことがあります)
  • ファイルの先頭に moov アトムを含めます(ファスト スタート)
音声コーデック: AAC-LC
  • チャンネル: ステレオまたはステレオ + 5.1
  • サンプルレート: 96 khz または 48 khz
動画コーデック: H.264
  • プログレッシブ スキャン(インターレースは不可)
  • ハイ プロファイル
  • 2 連続 B フレーム
  • クローズド GOP(フレームレートが半分の GOP)
  • CABAC
  • 可変ビットレート。ビットレートの上限はありませんが、下記の推奨ビットレートを参考にしてください。
  • クロマ サブサンプリング: 4:2:0
フレームレート

コンテンツは、記録したときと同じフレームレートでエンコードしてアップロードする必要があります。

一般的なフレームレートは 24、25、30、48、50、60 fps(1 秒あたりのフレーム数)ですが、それ以外のフレームレートも使用できます。

インターレース方式のコンテンツは、アップロードする前にインターレースを解除する必要があります。たとえば 1080i60(1 秒あたりのフィールド数が 60 のインターレース方式)のコンテンツの場合、アップロードする前にインターレースを解除して 1080p30(1 秒あたりのフレーム数が 30 のプログレッシブ方式)に変換する必要があります。

ビットレート

アップロードする動画の推奨ビットレートは次のとおりです。なお、音声の再生ビットレートと動画の解像度には関連性はありません。

SDR 動画をアップロードする際の推奨映像ビットレート

新たにアップロードした 4K 動画を 4K で表示するには、VP9 に対応したブラウザまたは端末を使用します。

タイプ 映像ビットレート、標準フレームレート
(24、25、30)
映像ビットレート、高フレームレート
(48、50、60)
2160p(4k) 35~45 Mbps 53~68 Mbps
1440p(2k) 16 Mbps 24 Mbps
1080p 8 Mbps 12 Mbps
720p 5 Mbps 7.5 Mbps
480p 2.5 Mbps 4 Mbps
360p 1 Mbps 1.5 Mbps
 

HDR 動画をアップロードする際の推奨映像ビットレート

タイプ 映像ビットレート、標準フレームレート
(24、25、30)
映像ビットレート、高フレームレート
(48、50、60)
2160p(4k) 44〜56 Mbps 66〜85 Mbps
1440p(2k) 20 Mbps 30 Mbps
1080p 10 Mbps 15 Mbps
720p 6.5 Mbps 9.5 Mbps
480p

サポート対象外

サポート対象外
360p サポート対象外 サポート対象外
 

アップロードする動画の推奨音声ビットレート

タイプ 音声ビットレート
モノラル 128 kbps
ステレオ 384 kbps
5.1 512 kbps
解像度とアスペクト比

YouTube ではアスペクト比が 16:9 のプレーヤーを使用します。16:9 以外のファイルをアップロードすると、プレーヤーで 16:9 にするために上下または左右に黒い帯が表示されるように処理されます。

適切な解像度とアスペクト比を使用する方法をご覧ください。

 
空間音声360° 動画バーチャル リアリティ動画を使用して、現実の世界と同じように動画内の音声があらゆる方向から聞こえてくるようにする方法をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false