動画と再生リストを埋め込む

ウェブサイトやブログに YouTube の動画や再生リストを埋め込んで追加できます。

YouTube ヘルプ チャンネルでは、YouTube を最大限に活用する方法をご紹介しています。ぜひご登録ください。申し込む

動画を埋め込む

  1. パソコンで、埋め込みたい YouTube 動画に移動します。
  2. 動画の下にある [共有] 共有 をクリックします。
  3. [埋め込む] をクリックします。
  4. ボックスに表示されている HTML コードをコピーします。
  5. ブログやウェブサイトの HTML にコードを貼り付けます。

再生リストを埋め込む

  1. パソコンで YouTube アカウントにログインします。
  2. ページの左側で、埋め込みたい再生リストを選択します。
  3. URL から再生リスト ID をコピーします。
  4. 次の手順に沿って個々の動画の埋め込みコードを変更します。
    1. 動画 ID の代わりに(「embed/」の後に)、「videoseries?list=」を入力します。
    2. 次に「=」の後に再生リスト ID を貼り付けます。
    3. ブログやウェブサイトの HTML にコードを貼り付けます。

例:

  • ​<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/videoseries?list=PLx0sYbCqOb8TBPRdmBHs5Iftvv9TPboYG" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

動画の埋め込みオプションの管理

プライバシー強化モードを有効にする

プライバシー強化モードを有効にすると、ウェブサイトの訪問者が動画を再生しない限り、訪問者に関する情報は YouTube に保存されません。

埋め込み動画を自動再生する

埋め込んだ動画が自動再生されるようにするには、動画の埋め込みコード内の動画 ID(「embed/」の後に続く文字列)のすぐ後ろに「&autoplay=1」という文字列を追加します。

自動再生による埋め込み動画の再生は、視聴回数としてカウントされません。

例:

<iframe width="560" height="315"
src="https://www.youtube.com/embed/D6Ac5JpCHmI?&autoplay=1" frameborder="0" 
allowfullscreen></iframe>
指定位置から埋め込み動画を再生開始する

特定の時点から動画が再生されるようにするには、埋め込みコードに「?start=」という文字列を追加し、その後に動画の再生を開始する位置を秒単位で入力します。

たとえば 1 分 30 秒の時点から動画を再生したい場合、埋め込みコードは次のようになります。

<iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/UkWd0azv3fQ?start=90" width="420"></iframe>
埋め込み動画に字幕を追加する

埋め込み動画に自動的に字幕が表示されるようにするには、その動画の埋め込みコードに「&cc_load_policy=1」を追加します。

また、埋め込み動画の字幕の言語を選択することもできます。埋め込み動画の字幕の言語を指定するには、その動画の埋め込みコードに「&cc_lang_pref=fr&cc_load_policy=1」を追加します。

  • 「cc_lang_pref」は、動画の字幕の言語を設定します。
  • 「cc_load_policy=1」は、字幕をデフォルトで有効にします。
  • 「fr」は、フランス語の言語コードです。2 文字の言語名コードは ISO 639-1 標準で確認できます。
動画の埋め込みを無効にする
自分がアップロードした動画を外部サイトに埋め込まれないようにしたい場合は、次の方法で埋め込みのオプションを無効にします。
  1. [動画の管理] にアクセスします。
  2. 埋め込みを無効にする動画に移動して [編集] をクリックします。
  3. 動画の下にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [配信オプション] の下にある [埋め込みを許可] チェックボックスをオフにします。
  5. [変更を保存] をクリックします。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。