動画と再生リストを埋め込む

YouTube 動画と再生リストは、Web サイトやブログに埋め込むことができます。

動画を埋め込む方法は次のとおりです。

  1. 動画の下にある [共有] リンクをクリックします。
  2. [埋め込みコード] リンクをクリックします。
  3. その下に表示されるボックス内のコードをコピーします。
  4. そのコードをブログやウェブサイトに貼り付けます。
  1. 動画の下の [共有] リンクをクリックします。
  2. [埋め込みコード] リンクをクリックします。
  3. その下に表示されるボックス内のコードをコピーします。
  4. コードをブログまたはウェブサイトに貼り付けます。

再生リストを埋め込む方法は次のとおりです。

  1. YouTube ページの左側にある [再生リスト] をクリックします。
  2. 埋め込む再生リストのタイトルをクリックします。
  3. [共有] リンクをクリックします。
  4. [埋め込みコード] リンクをクリックします。
  5. 下のメニューに表示される埋め込みコードをコピーします。
  6. コードをウェブサイトまたはブログに貼り付けます。

埋め込みオプション

HTTPS を使用する

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)では、コンピュータと Web サーバー間でやり取りされる情報に保護レイヤが追加され、安全性が強化されます。

HTTPS を使用するウェブサイトに HTTPS を使用せずに動画を埋め込むと、ウェブサイトの一部が安全ではなくなるため、ブラウザから「コンテンツの混在」を知らせる警告が表示されます。これを避けるため、埋め込みコードの下に表示される [HTTPS を使用する] オプションを選択します。

プライバシー強化モードを有効にする

このオプションを有効にすると、ユーザーが動画を再生しない限り、ウェブページを訪れたユーザーの情報は YouTube に保存されません。

以前の埋め込みコードを使用する

YouTube 動画に使用できる埋め込みコードには、次の 2 種類のスタイルが存在します。

  • 新しい埋め込みコード: これは「<iframe...」から始まるコードで、Flash と HTML5 動画の両方に対応しています。
  • 以前の埋め込みコード: このコードは「<object..." から始まり、Flash にのみ対応しています。

以前の埋め込みコードにしか対応していないサイトもあるので、新しいコードをサイトに埋め込めない場合は、埋め込みコードの下に表示される [以前の埋め込みコードを使用する] オプションをオンにし、「<object...」から始まるコードを生成してください。

埋め込み動画を自動的に再生する

埋め込み動画を自動的に再生させるには、埋め込みコードの動画 ID(「v/」から始まる文字列)の直後に「&autoplay=1」を追加します。

例を以下に示します。

    <object height="350" width="425"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/OdT9z-JjtJk&autoplay=1" /><embed height="350" src="http://www.youtube.com/v/OdT9z-JjtJk&autoplay=1" type="application/x-shockwave-flash" width="425"></embed></object>
指定位置から埋め込み動画を開始する

動画の埋め込みコードに「#t=」と入力し、その後に動画を開始する位置を入力します。

たとえば、動画を 2 分 30 秒の位置から再生するには、埋め込みコードは次のようになります。

    <iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/UkWd0azv3fQ#t=2m30s" width="420"></iframe>
埋め込み動画にキャプションを追加する
動画の埋め込みコードに「&cc_load_policy=1」と追加すると、埋め込み動画にキャプションを自動的に表示させることができます。

また、埋め込み動画のキャプションの言語を選択することもできます。埋め込み動画のキャプションの言語を指定するには、埋め込みコードに「&cc_lang_pref=fr&cc_load_policy=1」を追加してください。

  • 「cc_lang_pref」では、動画のキャプションの言語を設定します。
  • 「cc_load_policy=1」により、キャプションがデフォルトで有効になります。
  • 「fr」はフランス語の言語コードです。2 文字の言語コードは、ISO 639-1 standard で調べることができます。
埋め込みを無効にする
動画をアップロードし、その動画を他のユーザーが外部サイトに埋め込めないようにするには、次の手順で埋め込みを無効にします。
  1. [動画の管理] を開き
  2. 設定を変更する動画を選択し、[編集] をクリックします。
  3. 動画の下に表示される [詳細設定] をクリックします。
  4. [配信オプション] セクションの下の [埋め込みを許可] チェックボックスをオフにします。
  5. ページの下にある [変更を保存] をクリックします。