視聴された動画のトラフィック ソース

「視聴された動画のトラフィック ソース」レポートを見ると、視聴者がコンテンツを見つけるときに使用したサイトや YouTube の機能がわかります。このレポートを使うと、視聴者が動画を見つけたさまざまな方法を詳細に分析することができます。

たとえば、YouTube で直接検索したのか、「関連動画」のサムネイルをクリックしたのか、Twitter や Facebook のようなソーシャル ネットワークのウェブサイトでリンクからコンテンツにアクセスしたのかなどを分析できます。通常は、「YouTube 検索」などのトラフィック ソースの方が、「ホーム」などのソースよりも視聴者が「視聴する」という目的を強く持っているため、クリック率が高くなります。

ヒント: お使いのモバイル端末で YouTube Studio アプリを使ってアナリティクスを確認することもできます。手順については、YouTube クリエイター ツール アプリのヘルプセンターをご覧ください。

視聴回数レポートのトラフィック ソースを表示

従来のクリエイター ツール
トラフィック ソース レポートに直接アクセスするか、次の手順で移動します。
  1. YouTube にログインします。
  2. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] を選択します。
  3. 左側のメニューで [アナリティクス] > [トラフィック ソース] をクリックします。
YouTube Studio ベータ版
  1. YouTube Studio ベータ版にログインします。ベータ版をまだ試していない場合は、こちらをご覧ください
  2. 左側のメニューで [アナリティクス] をクリックします。
  3. [視聴者へのリーチ] タブをクリックしてトラフィック ソースの情報カードを表示します。
  4. カードをクリックして詳細を確認します。
チャンネルを管理するための新しいツールとなる YouTube Studio ベータ版の詳細をご覧ください。
 
注: どのプラットフォーム(従来のパソコン版、YouTube Studio パソコン版、YouTube Studio アプリ)を使用しているかによって、YouTube アナリティクスで表示される指標が異なる場合があります。これは、YouTube Studio(パソコン版とアプリ版の両方)には従来のクリエイター ツールよりも早く最新の指標が導入されるためです。

トラフィック ソース レポートの活用方法

パソコンでは、次のような使い方をするとレポートを最大限に活用できます。

  • データの期間(日数)を設定する: レポートに表示するデータの期間(日数)は、レポートの右上にあるプルダウン メニューまたはカレンダーを使って変更できます(過去 7 日間、過去 90 日間など)。
  • 動画を詳細に分析する: レポートの上部にある [コンテンツを検索] ボックスを使ってチャンネル内の動画を選択します。
  • 再生場所別にソースを表示する: レポートの上部にある [場所を検索] ボックスを使って、再生場所ごとにソースを表示します。注目の地域や国をクリックで選択できます。
  • ソースを詳細に分析する: 一部の動画では、レポートに表示されたトラフィック ソース名をクリックすると詳細なデータを確認できます。たとえば、[YouTube 検索] のトラフィック ソース名をクリックすると、その動画を見つけるために使われた検索キーワードを確認できます。
  • ソースを絞り込む: トラフィック ソース名([Google 検索] や [再生リスト] など)の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにして、複数系列グラフや積み上げ面グラフに表示するソースと除外するソースを選択できます。この機能を使うと、気になるソースのデータだけを比較できます。
  • 視聴者を絞り込む: レポートの上部にある [チャンネル登録者と未登録者] プルダウン メニューを使って、すべてのデータ、チャンネル登録者のデータ、チャンネル登録していないユーザーのデータのいずれをレポートに表示するか選択できます。
トラフィック ソースを分析して動画を宣伝するためのヒントをご紹介します。

トラフィック ソースを理解する

トラフィック ソースは、1)YouTube 内のソースからの総再生時間と、2)視聴回数と外部ソースからの総再生時間や視聴回数の 2 つの主なグループに分類されます。トラフィック ソース レポートでは、その両方を確認することができます(デフォルトで総再生時間順に表示されます)。

YouTube 内のソースからのトラフィック

これは、パソコン、YouTube モバイルアプリ、その他の YouTube 内の機能からの総再生時間と視聴回数です。YouTube 内で最も多いトラフィック ソースは次のとおりです(クリックすると説明が表示されます)。
インプレッション
インプレッションは、動画サムネイルが youtube.com で潜在的な視聴者に表示されるたびに 1 回カウントされます。現在のところ、カウントされるのは、サムネイルの少なくとも 50% が視聴者に 1 秒以上表示された場合に限られます。
視聴者が動画サムネイルをクリックすると、インプレッションがすぐにカウントされます。ただし、視聴者が動画サムネイルを見る可能性のあるたびにカウントされるわけではありません。インプレッションの詳細についてご覧ください。
YouTube 検索

YouTube での検索結果からのトラフィックです。ユーザーのブラウザやプレーヤーからデータが提供されている場合は、使われた検索キーワードも確認できます。

関連動画

別の動画の横や別の動画が再生された後に表示される関連動画と、動画の説明内のリンクからのトラフィックです。

ブラウジング機能

トップページやホーム画面、登録チャンネルのフィード、ログイン中のユーザー向けとログアウトしているユーザー向けのその他のブラウジング機能からのトラフィックです。

再生リスト

自分の動画が含まれる再生リスト(自分が作成した再生リストと他のユーザーが作成した再生リストの両方)からのトラフィックです。ユーザーの「高く評価した動画」と「お気に入り」の再生リストからのトラフィックも含まれます。

チャンネル ページ

他のクリエイターのチャンネルやトピック別のチャンネルからのトラフィックです。これには、[コミュニティ] タブでチャンネル内の動画を共有している別のクリエイターからのトラフィックが含まれます。詳細

トピック別のチャンネルは、YouTube の動画発見システムによって自動的に作成されます(YouTube「音楽」チャンネルなど)。

 

YouTube 広告

このトラフィック ソースには、視聴としてカウントされる広告の視聴回数が以下の基準に基づいて表示されます。

  • 30 秒以上または最後まで視聴された、10 秒以上の長さのスキップ可能な広告。
  • 自動再生されるスキップ不可の広告は、YouTube アナリティクスでは視聴としてカウントされません。
  • 視聴者がクリックして再生したときのみ視聴としてカウントされるその他の広告。
動画カードとアノテーション

アノテーションやカード、別の動画の注目コンテンツからのトラフィックです。

通知

スマートフォンやタブレット端末の自動通知機能や、チャンネル登録者が受信した通知メールからのトラフィックです。

キャンペーン カード

コンテンツ所有者のキャンペーン カードからのトラフィックです。

終了画面

クリエイターの終了画面からのトラフィックです。

その他の YouTube 機能

パートナーによるプロモーションやダッシュボードなど、上記のいずれのカテゴリにも当てはまらないその他の YouTube 内のトラフィックです。

YouTube 外のソースからのトラフィック

これは、Google 検索、Facebook、その他のウェブサイトなど、YouTube 外のリンクからの総再生時間と視聴回数です。YouTube 外のソースとして上位のトラフィック ソースは次のとおりです(クリックすると説明が表示されます)。
外部ソース

YouTube 埋め込み動画やリンクがあるウェブサイトやアプリからのトラフィックです。動画が埋め込まれたウェブサイトやアプリについては再生場所レポートで確認できます。

直接、または不明なソース

URL の直接入力、ブックマーク、不明なアプリからのトラフィックです。

トラフィック ソースの分類方法における変更点

注: モバイル トラフィックとサイト変更を反映するため、トラフィック ソースと再生場所の分類方法が変更されました。

2017 年 11 月の更新

視聴者がコンテンツを見つけるときに使用する YouTube 機能を確認できるインプレッションのトラフィック ソース指標をリリースしました。
2016 年 5 月の更新

新しく追加されたトラフィック ソース:

  • キャンペーン カード: コンテンツ所有者のキャンペーン カードからのトラフィックを含む新しいトラフィック ソースです。以前は [動画カードとアノテーション] に含まれていたトラフィックです。
  • 終了画面: クリエイターが設定した終了画面からのトラフィックです。

2015 年 6 月の更新

新しく追加されたトラフィック ソース
  • 外部ソース: 外部トラフィック ソースはすべて [外部] カテゴリに統合されました。このソースには、以前上位のソースだった [外部アプリ]、[不明 - 埋め込みプレーヤー]、[外部のウェブサイト] が含まれます。外部アプリと動画が埋め込まれているサイトの URL は、それぞれの名前が表示されます。
  • 通知: パソコンと、スマートフォンやタブレットの両方のチャンネル登録者向けの通知を含む、新しい上位のソースです。
名前が変更されたトラフィック ソース
  • YouTube ガイド: [ブラウジング機能] に名前が変更されました。YouTube Kids アプリからのトラフィックも含まれます。[高く評価した動画]、[お気に入りの動画] は [再生リスト] のソース分類としてカウントされます。また、登録チャンネルの最新情報のメールからのトラフィックは、新しい上位ソースである [通知] に含まれます。
  • 不明 – 直接: [直接、または不明] に名前が変更されました。
  • YouTube – その他のおすすめ: [その他の YouTube 機能] に名前が変更されました。通知からのトラフィックは新しい上位ソースである [通知] としてカウントされます。
  • YouTube 再生リスト: [再生リスト] に名前が変更されました。[高く評価した動画] と [お気に入りの動画] もこのトラフィック ソースとして分類されます。
  • YouTube 動画のカードとアノテーション: [動画カードとアノテーション] に名前が変更されました。
削除または別のカテゴリに組み込まれたトラフィック ソース
  • 外部アプリ: [外部] カテゴリに組み込まれました。
  • 不明 – 埋め込みプレーヤー: [外部] カテゴリに組み込まれました。
別のカテゴリに移行したトラフィック ソース
  • YouTube ガイド > おすすめのチャンネル: [その他の YouTube 機能] のカテゴリに移行しました。
  • YouTube ガイド > 高く評価した動画: [再生リスト] のカテゴリに移行しました。
  • YouTube ガイド > お気に入りの動画: [再生リスト] に移行しました。
  • YouTube ガイド > 登録チャンネルの最新情報メール: [通知] のカテゴリに移行しました。
  • YouTube ガイド > おすすめのチャンネル: [その他の YouTube 機能] のカテゴリに移行しました。
  • YouTube – その他のおすすめ > 通知: [通知] のカテゴリに移行しました。

2014 年 3 月の更新

別のカテゴリに移行したトラフィック ソース
  • Google 検索: [外部] カテゴリに移行しました。プライバシー上の理由により、このカテゴリでの検索キーワードの確認はできなくなりました。
  • YouTube ガイド > トップページ: このサブカテゴリは、ログイン時とログアウト時の両方のトップページからの視聴回数を表示する YouTube ガイド > あなたへのおすすめのカテゴリに移行しました。
  • YouTube – その他のおすすめ > 登録チャンネルのフィード: このサブカテゴリは、YouTube ガイド > 登録チャンネルのカテゴリに移行しました。
その他の変更
  • 不明 – 直接: モバイルの視聴回数は、より適切な上位カテゴリに移行したため、このカテゴリに表示される視聴回数が減少しました。
  • [不明] サブカテゴリ: 特定のブラウザやプレーヤーから一部の詳細情報が受信されなかった場合、その視聴の回数は [不明] サブカテゴリに分類されます。[YouTube 関連動画] > [不明] などがその一例です。これは、上位トラフィック ソースが関連動画のトラフィックとして分類される可能性があるということですが、不明な視聴が特定の動画の視聴としてカテゴリ分類されることはありません。

    分類方法の改善に伴い、カテゴリが不明な視聴回数が減少し、個別の動画の視聴回数が増加していきます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。