総再生時間レポート

「総再生時間」レポートでは、表示回数、インプレッションのクリック率、視聴回数、コンテンツが視聴された時間の長さなどのデータを確認できます。

このレポートには、YouTube.com、動画の再生ページ、YouTube モバイルアプリから収集された以下のデータが表示されます(一部のデータは YouTube.com からのみ収集できます)。このレポートで個人を特定できるような情報が収集、公開されることはありません。

  • 表示回数: カウントされたインプレッションに起因して YouTube でサムネイルが視聴者に表示された回数。
  • インプレッションのクリック率(CTR): 視聴者がサムネイルを見た後に動画を視聴した頻度。
  • 視聴回数: 自分のチャンネルや動画の正当な視聴回数。
  • 平均視聴時間: 指定したコンテンツ、期間、地域、その他のフィルタにおける 1 回の視聴あたりの推定平均視聴時間(分)。
  • 総再生時間: 視聴者が動画を見た時間の長さ。視聴者が途中でクリックして再生を中止することなく、実際に興味を持って視聴しているのはどのコンテンツなのかを把握できます。
ヒント: 視聴回数が変わらないように見える場合は、視聴回数のカウント方法で詳細を確認してください。

注: アナリティクスの視聴回数データは太平洋標準時に基づいています。更新頻度は 1 日 1 回で、最大 72 時間のずれがあります。アナリティクス レポートに表示される数値は、動画ページ、チャンネル ページ、動画の管理などで表示される数値と異なる場合があります。

総再生時間レポートの表示

従来のクリエイター ツール

総再生時間レポートに直接アクセスするか、次の手順で移動します。
  1. Google アカウントにログインします。
  2. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] を選択します。
  3. 左側のメニューで [アナリティクス] > [総再生時間] をクリックします。

レポートをダウンロードするには、右上にある [レポートをエクスポート] をクリックします。

YouTube Studio ベータ版

[概要] タブでは、コンテンツが視聴された時間の長さを確認できます。

  1. YouTube Studio ベータ版にログインします。ベータ版をまだ試していない場合は、こちらをご覧ください
  2. 左側のメニューで [アナリティクス] をクリックします。
  3. [概要] タブをクリックして、総再生時間の情報カードを表示します。
  4. カードをクリックして詳細を確認します。

 

ヒント: お使いのモバイル端末で YouTube Studio アプリを使ってアナリティクスを確認することもできます。手順については、YouTube クリエイター ツール アプリのヘルプセンターをご覧ください。

総再生時間レポートの使用方法

グラフの下にあるタブを使うと、コンテンツ タイプ、地域、日付、登録状況、YouTube サービス、字幕などの項目でデータを分割して表示できます。これらの項目の一部は、表示回数やクリック率で現在利用できません。

必要なデータだけを表示するように総再生時間レポートを変更できます。

特定の動画のデータを表示または比較する

特定のコンテンツの表示

ページ上部にある [コンテンツを検索] ボックスをクリックし、自分のチャンネル、アセット、動画、再生リスト、グループをリストから選択します。また、検索ボックスに特定のタイトルを入力したり、自分のコンテンツすべてを表示したりすることもできます。

アップロード動画または再生リストの単独の合計データを表示するには、検索バーの下にある [アップロード動画] タブまたは [再生リスト] タブを選択します。

データの比較

コンテンツのデータを比較するには、ページ上部にある [比較...] ボタンをクリックし、コンテンツ、場所、期間など、比較する情報を入力します。

視聴者のまたは場所の種類別にデータを表示する

特定の種類の視聴者や再生方法、または特定の地域の視聴者に関するデータを表示できます。

  • チャンネル登録者のみ: 検索バーのプルダウン メニューで [登録済み] を選択します。
  • チャネル登録者以外: 検索バーのプルダウン メニューで [未登録] を選択します。
  • ライブのみ:* [ライブ] を選択すると、ライブ ストリーミングされた動画のデータのみが表示されます。
  • オンデマンドのみ:* [オンデマンド] を選択すると、オンデマンド動画のデータのみが表示されます。
  • YouTube サービス:** YouTube Game や YouTube Kids といったさまざまな YouTube サービスを選択して、各サービスからのトラフィックを表示できます。
  • 地域別: 画面上部にある [場所を検索] ボックスをクリックすると、関連のある地域が表示されます。
  • 国別: グラフの下にある [地域] タブをクリックします。画面上部にある [場所を検索] ボックスをクリックすれば、関連のある国を確認することもできます。

* このデータを利用できるのは、動画のライブ配信を行っている場合のみです。

** このデータを利用できるのは、自分のコンテンツが YouTube Game または YouTube Kids で視聴されている場合のみです。

総再生時間を他の指標と組み合わせて使用する

チャンネルや動画の何が視聴者を惹きつけているかの全容を把握するには、他の指標を併用して総再生時間を調べてみてください。

視聴回数が最も多い日付順に表示する

動画が視聴された時間または回数が最も多い日付順にデータを表示するには、グラフの下にある [日付] タブを選択します。データは選択した統計情報の順に並べ替えることができます。

期間または視聴時間の統計情報を変更する
  • レポートの期間を変更: ページ上部にあるカレンダー ボタンをクリックし、期間を選択します。カレンダー ボタンの隣にあるプルダウン メニューをクリックして前月や前年といったあらかじめ設定された期間から選択することもできます。
  • 総再生時間の表示を変更: グラフで [統計情報の比較] プルダウン メニューをクリックし、[総再生時間(時間)] または [総再生時間(分)] を選択します。
  • レポートの頻度単位を変更: グラフで [日別] プルダウン メニューをクリックし、毎日、週別、月別など、データを表示する頻度を選択します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。