動画のプライバシー設定

動画のプライバシー設定を公開、限定公開、非公開に変更する

アップロードした動画は、デフォルトでは「公開」動画として設定されるので、誰でも視聴することができます。プライバシーの設定は、動画のアップロード時に [プライバシー設定] セクションでを簡単に変更できます。また、既にアップロードされた動画のプライバシー設定を変更する方法は次のとおりです。

  1. [動画の管理] を開きます。
  2. 変更する動画を選択し、[編集] ボタンをクリックします。
  3. [プライバシー設定] プルダウン メニューから [公開]、[限定公開]、[非公開] のいずれかを選択します。
  4. [変更を保存] をクリックします。

Privacy settings drop-down menu

非公開動画

非公開動画は、自分自身と、自分で選んだユーザーだけが試聴できます。動画はチャンネルや検索結果に表示されず、他のユーザーから見られることはありません。

YouTube で Google+ ID を使用している(チャンネルを Google+ ページまたは Google+ プロフィールとリンクしている)場合は、[プライバシー設定] プルダウン メニューの下にフィールドが表示されます。ここに、動画を共有したい人のプロフィールまたは電子メールアドレスを追加することができます。これらのユーザーが動画を視聴するには Google アカウントが必要です。また、動画を Google+ サークルで共有することもできます。

Google+ にリンクされていないチャンネルの非公開動画の共有

非公開動画を他のユーザーと共有するには、チャンネルを Google+ とリンクする必要があります。

チャンネルを Google+ とリンクしていない場合は、次の点を考慮してください。

  • 以前に非公開動画を共有していたユーザーは、引き続きその動画を視聴できます。
  • ただし、非公開動画を視聴できるユーザーのリストについては、すべてのユーザーの動画へのアクセス権を削除する以外の修正はできません。
  • 現在共有しているユーザーとは異なる人たちと非公開動画を共有したい場合は、チャンネルを Google+ とリンクしてから共有してください。
  • 別の方法として、動画を非公開ではなく限定公開にして共有すれば、リンクを知っているユーザーはだれでもその動画にアクセスすることができます。動画はその後も YouTube の検索結果には表示されません。

限定公開動画

動画を限定公開にすると、動画へのリンクを持つユーザーだけが視聴できます。限定公開動画を共有するには、その動画を見ることを許可するユーザーとリンクを共有します。これにより、それらのユーザーが動画を見られるようになります。非公開動画とは違い、共有するユーザーは Google アカウントを持っていなくても動画を見ることができます。また、そのユーザーが動画のリンクを他のユーザーに転送すれば、そのユーザーも動画を見ることができます。

限定公開動画は、YouTube の チャンネル ページや検索結果などの公開ページには一切表示されません。

動画のリンクを知っている人は、その動画を再生リストに含めることができます。これは、公開の再生リストでも可能です。このため、トップページも含めて、YouTube の別の場所に動画が表示される可能性があります。

自分自身や、動画を共有した人が動画の共有範囲を広げた場合は、その動画はウェブ上の他の場所にも表示される可能性があります。たとえば、動画を共有した人がリンクを電子メールで共有したりブログに投稿したりすると、そのリンクにアクセスするすべての人が動画を視聴できるようになります。

限定公開動画を作成するときの問題
限定公開動画は、良好な状態の YouTube アカウントを持っているユーザーしか作成できません。ご自分のアカウント設定に、動画を限定公開にするオプションが表示されない場合は、お使いの YouTube アカウントが良好な状態ではなく、利用規約違反があるか、著作権侵害の違反警告を受けた可能性があります。