検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

動画のプライバシー設定を変更する

アップロードした動画は、デフォルトでは「公開」動画に設定されるので、誰でも視聴することができます。動画のプライバシー設定の変更と視聴できるユーザーの管理は簡単に行えます。

YouTube Help チャンネルに登録して、動画作成のおすすめの方法、テクニック、ハウツーをご覧ください。

プライバシー設定を変更する

動画のアップロード時に [プライバシー設定] のセクションで設定を選択します。既にアップロードされた動画のプライバシー設定を変更する場合は、次の手順に沿って操作します。

  1. [動画の管理] にアクセスします。
  2. プライバシー設定を変更する動画を探して、[編集] をクリックします。
  3. [プライバシー設定] プルダウン メニューで次のいずれかの設定を選択します。
    • 公開
    • 限定公開
    • 非公開
  4. [変更を保存] をクリックします。


おすすめ: この操作は、モバイル端末のクリエイター ツール アプリでも行えます。YouTube クリエイター ツール ヘルプセンターから始めてみましょう。

動画のプライバシーを管理する

アップロードした動画は、デフォルトでは「公開」動画に設定されるので、誰でも視聴することができます。プライバシー設定を管理して、コンテンツにアクセスできるユーザーを制限することができます。

非公開動画

非公開動画は、自分自身と、自分で選んだユーザーだけが視聴できます。動画はチャンネルや検索結果に表示されず、他のユーザーから見られることはありません。非公開動画を共有するユーザーは次の手順で管理できます。

非公開の動画にはコメントを入力できません。一般公開しない動画でコメントを入力できるようにしたい場合は、動画を非公開ではなく限定公開に設定してください。

  1. [プライバシー設定] プルダウン メニューの下の [共有] をクリックします。
  2. 動画を共有するユーザーのメールアドレスを入力します。
非公開動画を他のユーザーに共有するには、YouTube で名前を確認済みである必要があります。
限定公開動画

動画を限定公開にした場合、動画へのリンクを知っているユーザーだけが動画を視聴したり、コメントを投稿したりできます。限定公開動画は次の場所には表示されません。

  • チャンネル ページの [動画] タブ。
  • YouTube の検索結果。ただし、他のユーザーが限定公開動画を公開再生リストに追加すると、検索結果に表示されるようになります。

限定公開動画を共有するには: その動画へのアクセスを許可するユーザーにリンクを知らせるだけで相手は動画を見られるようになります。

非公開動画とは異なり、共有する相手は Google のアカウントを持っていなくても動画を見ることができます。また、動画のリンクを知っていれば誰でも、さまざまな方法(リンクを転送するなど)で動画をさらに別の人と共有できます。動画を共有したユーザーがさらに他の人と共有できないようにするには、動画を非公開にしてください。

この記事は役に立ちましたか?