通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

埋め込み動画上の広告

クリエイターの収益向上を図るため、動画の前後に表示される広告フォーマットの選択を簡素化し、個別の広告フォーマット(プレロール広告、ポストロール広告、スキップ可能な広告、スキップ不可の広告)を選択するオプションを廃止しました。新しい長尺動画で広告を有効にすると、プレロール広告、ポストロール広告、スキップ可能な広告、またはスキップ不可の広告が適宜視聴者に表示されます。この変更により、YouTube の推奨する「すべての広告フォーマットを有効にする」というベスト プラクティスが、すべてのユーザーにとっての標準となります。ミッドロール広告に関する選択に変更はありません。また、既存の長尺動画については、収益化設定を変更しない限り、広告に関する以前の選択が保持されます。

埋め込み動画には、スキップ可能なインストリーム広告またはスキップ不可のインストリーム広告が表示されることがあります。そのため、クリエイター自身のウェブサイトやアプリを含め、動画を埋め込んでいるあらゆるウェブサイトやモバイルアプリにて、収益を獲得できる機会があります。詳しくは、YouTube の広告フォーマットをご覧ください。

埋め込み動画で広告を有効または無効にする

チャンネルで広告を有効にすると、他のウェブサイトやアプリケーションに埋め込まれた YouTube 動画プレーヤー内でも広告が配信され、そこから得られる収益の分配を受けられるようになります。なお、埋め込み動画には youtube.com の動画の広告表示設定が反映されます。

YouTube アカウントと YouTube 向け AdSense アカウントが関連付けられていて、動画の埋め込みを許可している場合、埋め込み動画での広告表示が自動的に選択されます。なお、埋め込み動画には youtube.com での動画の広告表示設定が反映されます。

埋め込み動画に広告を表示したくない場合、埋め込み動画の広告だけを直接無効にすることはできませんが、動画の埋め込み自体を無効にすることはできます。

埋め込み動画の広告の要件

広告は、ブランド保護されたサイトで表示されます。YouTube が大切にする基本的価値観に沿ったサイトに広告主様のブランドが表示されるように、慎重なブランド保護プロセスが実施されています。YouTube の埋め込み動画でインストリーム広告を有効にするかどうかを決定する際には、動画が埋め込まれたウェブサイトとそのコンテンツをさまざまな要素と照らし合わせて綿密に評価します。アダルト向けの画像、暴力、不適切で差別的な言葉、権利侵害を助長するようなサイトなど、コンテンツに関する厳密に定められたガイドラインなども評価の要素に含まれています。

プレーヤーの詳細: ユーザーが快適に視聴できるよう、十分なサイズの動画プレーヤーが必要です。200 x 200 ピクセル以上のサイズのプレーヤーをおすすめします。また、動画はスクリプトによる再生ではなく、標準のクリックして再生する方法で埋め込まれている必要があります。

埋め込み動画での収益

埋め込み動画の広告から得た収益は、YouTube と動画所有者の 2 者間でのみ分配されます。動画を埋め込んだサイトの所有者は、収益を得られません。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー