埋め込み動画上の広告

埋め込み動画には、インストリーム広告および InVideo オーバーレイ広告が表示されることがあります。そのため、クリエイター自身のウェブサイトやアプリを含め、動画を埋め込んでいるあらゆるウェブサイトやモバイルアプリを介して収益獲得の機会があります。

埋め込み動画で広告を有効または無効にする

YouTube アカウントと AdSense アカウントが関連付けられていて、動画の埋め込みを許可している場合、埋め込み動画での広告表示が自動的に選択されます。なお、埋め込み動画には youtube.com での動画の広告表示設定が反映されます。

埋め込み動画に広告を表示したくない場合、埋め込み動画の広告だけを直接無効にすることはできませんが、動画の埋め込み自体を無効にすることならできます。

埋め込み動画の広告の要件

広告は、ブランド保護されたサイトで表示されます。YouTube が大切にする基本的価値観に沿ったサイトに広告主様のブランドが表示されるように、慎重なブランド保護プロセスが実施されています。YouTube の埋め込み動画でインストリーム広告を有効にするかどうかを決定する際には、動画が埋め込まれたウェブサイトとそのコンテンツをさまざまな要素と照らし合わせて綿密に評価します。アダルト向けの画像、暴力、不適切で差別的な言葉、権利侵害を助長するようなサイトなど、コンテンツに関する厳密に定められたガイドラインなども評価の要素に含まれています。

プレーヤーの詳細: ユーザーの利便性を促進するため、十分なサイズの動画プレーヤーが必要です。560 x 315 ピクセル以上のサイズのプレーヤーをおすすめします。また、動画はスクリプトによる再生ではなく、標準のクリックして再生する方法で埋め込まれている必要があります。 

埋め込み動画での収益

埋め込み動画の広告から得た収益は、YouTube と動画所有者の 2 者間でのみ分配されます。動画を埋め込んだサイトの所有者は、収益を得られません。YouTube アナリティクスでは、YouTube.com で収益を得ている動画と同様に、埋め込み動画の収益を追跡できます。

注: 現在のところ、3D 動画での広告配信には対応していません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。