YouTube サイトの一部を真似た広告

広告において YouTube サイトの一部分をどのような形でも模倣することはできません。以下のような広告は許可されません(このリストがすべてではありません)。

  • 広告を YouTube のホームページ サイトの一部に似せたり、似せようと試みたりしてはいけません。
  • 広告において、YouTube が配信元であるかのように見えるメッセージを配信してはいけません。また、そのようなメッセージを配信しているように見せかけることもできません。
  • TrueView などのようなストリーミング中の広告(インストリーム動画広告と呼ばれます)で、広告のスキップボタンを真似てはいけません。
  • 広告に YouTube のサムネイルを含める場合は、視聴者がそのサムネイルをクリックして動画を再生できるようにする必要があります。この動画の再生場所はマストヘッド内か YouTube 動画再生ページ上である必要があります。たとえば、数秒で終了してしまうようなサムネイルのアニメーションでは、視聴者がクリックして動画を再生することはできません。また、動画のサムネイルに関連付けられるメタデータは正確なものである必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。