年齢によるターゲティングと広告

YouTube の年齢制限:

動画またはブランド チャンネルの年齢制限は、広告主の選択によって、またはコミュニティ ガイドライン違反の後に設定されます。このコンテンツを視聴できるのは、YouTube にログインしている年齢制限を満たした視聴者のみです。動画に年齢制限を設定している場合のみ、広告主がその動画で広告を掲載できるようになることもあります(アルコール飲料キャンペーンの宣伝動画広告など)。年齢制限を設けた場合にのみ、YouTube の動画再生ページで年齢を確認できます。

年齢別のユーザー層ターゲティングに基づく広告配信:

ポリシーまたは広告主によって、広告のターゲットを特定の年齢層にするように求められる場合があります。YouTube の広告配信技術では、ログインしている YouTube チャンネルの生年月日に基づいて、そうした広告のターゲットを設定できます。たとえば、YouTube のポリシーに照らし合わせて、広告が一般視聴者向けとしては不適切である場合、その広告は 18 歳以上の視聴者をターゲットにする必要があります。つまり、ログインしている 18 歳以上の視聴者のみを対象にして、サイト上に広告が表示されます。ログインしていない視聴者には別の広告が表示されます。

広告主独自の年齢制限:

アルコール、ゲーム、映画の広告主は、ホームページ広告に関するカスタムの年齢制限を作成できます。これらは非常に規制の厳しい業界であり、YouTube の年齢制限では業界の規制を満たせない可能性があるため、カスタムの年齢制限を許可しています。たとえば、ビデオゲームの広告主は、ESRB の成人向けゲームに関するガイドラインに従わなければならない場合があります。このような業界の広告主が独自の年齢制限機能を設置するには、事前に YouTube 広告ポリシーチームに申し出て承認を得る必要があります。上記以外の業界の広告主は、ブランド チャンネルごと、および動画再生ページごとに制限を適用できる標準の YouTube 年齢制限機能を使用する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。