広告内のユーザー作成コンテンツ

ユーザー作成コンテンツ(たとえば YouTube クリエイターがアップロードした動画)を広告に使用する場合、広告主はそのコンテンツの所有者から明示的な許可を得る必要があります。このルールは、トップページ マストヘッドを除くすべての広告フォーマットに適用されます。なお、クリエイターの許可を得ている場合でも、トップページ マストヘッドでユーザー作成コンテンツを使用することはできません。広告主は、既存のチャンネル機能(動画の再生リストの作成やお気に入りへの追加など)を通して、自身のブランド チャンネルにクリエイターの動画を含めることができます。

YouTube によって承認された場合に限り、一部のサードパーティのソーシャル メディア API または機能の限定的な使用が許可されます。サードパーティのアプリについて詳しくは、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。