検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

動画に広告が表示されない

2017年4月6日現在、視聴回数が 10,000 回未満のチャンネルは動画に広告を表示できません。YouTube パートナー プログラムの最近の変更点について詳しくは、YouTube クリエイター ブログをご覧ください。

動画の収益受け取りを申請したにもかかわらず動画に広告が表示されない場合は、下記の情報から問題の原因をお調べください。

広告を表示できないコンテンツ

トラブルシューティング手順を試す前に、まず広告表示の対象となる動画かどうかを確認します。次のタイプのコンテンツを含む動画に広告を表示することはできません。

動画がガイドラインに準拠していることを確認する

動画に広告が表示されない場合や収益受け取り機能を利用できない場合は、動画が正しく設定され、ガイドラインに準拠しているかを確認します。

  1. 動画が正しく設定されているかを確認します。
  2. 動画がガイドラインに準拠しているかを確認します。

審査手続き中の動画についてのサポート

72 時間待っても収益受け取りのステータスが変わらない場合や、審査処理が進んでいないと思われる場合は、追加情報の提供をお願いするメールが YouTube から届いていないかご確認ください。その際、チェックしているメールアドレスが YouTube チャンネルに関連付けられた正しいメールアドレスであることと、メール通知を受け取る設定にしてあることをアカウント設定のページでご確認ください。

収益受け取りの対象とならなかった動画、同じ情報、不十分な資料を繰り返し提出しても、審査時間を短くすることはできません。むしろ、今後の動画の収益化に影響を及ぼす恐れがあります。

審査にかかる時間

審査にかかる時間は、動画やチャンネルのパフォーマンスなど、さまざまな要因によって異なります。YouTube には動画の収益化に関するリクエストが毎日多数寄せられております。できる限り早急に審査できるよう努めておりますが、現在のところ審査可能な動画は、過去 7 日間の視聴回数が 1,000 回以上の動画のみです。

動画を審査に送ることができるのは 1 回限りです。審査による決定に対して再審査請求を行うことはできません。

上記の条件を満たしていても変更内容を保存できない場合

以下の解決方法をお試しください。

  • ブラウザ上で広告をブロックするソフトウェア、アドオン、拡張機能を有効にしている場合に、広告が表示されないことがあります。そうしたソフトウェアや拡張機能を無効にしてみてください。
  • アカウント設定でチャンネルの広告表示を無効にしている場合は、どの動画にも広告は表示されません。
  • 動画を視聴するたびに必ず広告が表示されるとは限りません。YouTube アナリティクスで収益を確認することで、特定の動画で広告が表示されているかどうかをチェックできます。
  • 動画の収益受け取りに関するトラブルシューティング ツールを使うと、順を追って問題を診断できます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
クリエイター向けの情報

チャンネルの作成やコミュニティでの交流に役立つクリエイター向けの情報をチェックしましょう。